6月デビューか? プジョー新型クーペSUVの開発車両が鮮明に

■従来のハッチバックと比較して最低地上高が高く

プジョーが現在開発中とみられる、新型クロスオーバー・クーペSUVの最新プロトタイプをカメラが捉えました。

プジョー 408クロス_005
プジョー 408クロス 市販型プロトタイプ

前回は308のテストミュールと、他車の影からの撮影でしたが、今回は初めてそのボディを全角度から鮮明に捉えることができました。

撮影したプロトタイプは、まだまだカモフラージュが厳重ですが、従来のハッチバックと比較して最低地上高が高くなっていることがわかるほか、「308GTライン」に似たスリムなLEDライトが確認できます。

ルーフには奇妙なライトを装備していますが、ある種の測定機器に接続されている可能性がありそうです。

プジョー 408クロス_007
プジョー 408クロス 市販型プロトタイプ

注目は両サイドのフェンダーにそれぞれポートを配置、ウインドウの電化ステッカーからもプラグインハイブリッドモデルであることが濃厚です。

市販型では、新しい「EMP2-V3」プラットフォームを、プジョー「308」「DS4」、オペル「アストラ」と共有、マイルドハイブリッドやプラグインハイブリッドなど電動パワートレインのみで提供されます。

おそらく、1.6リットル「PureTech」直列4気筒ガソリンエンジンと、1つまたは2つの電気モーターを組み合わせ最高出力225psを発揮。全輪駆動と思われ、1回の充電で最大37マイル(60km)のEV航続が見込まれているといいます。

市販型の車名は、これまで「4008」が有力と思われていましたが、同社では10年前にコンパクトクロスオーバーに同車名を使用、市場で成功を収めることなくすぐに廃止された経緯からも、新型モデルには「408 Cross」の車名が急浮上しています。

408 Cross市販型のワールドプレミアは、2022年6月中と思われます。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?