Audi e-tron GT quattroが「World Car Awards 2022」の「World Performance Car」に輝く

■洗練された熱マネジメントシステムによりEVとしてのハイパフォーマンスを実現

「Audi e-tron GT quattro」が「World Car Awards 2022」において、「World Performance Car」を受賞し、授賞式がニューヨークで行われました。

World Car Awardsは「自動車業界のオスカー賞」とも呼ばれていて、Audi e-tron GT quattroは、「World Electric Vehicle of the Year」「World Performance Car」「World Car Design of the Year」にノミネートされ、最終的に「World Performance Car」に輝いています。

Audi e-tron GT quattro
World Car Awards 2022」の「World Performance Car」に輝いたAudi e-tron GT quattro

同アワードは、世界中から集まった100人以上の自動車ジャーナリストがノミネートされたモデルをテストしたうえで、投票をしています。

今回の受賞により、アウディは「World Car Awards」で計11回のアワード獲得になり、同アワードで最も多くの賞を受賞したメーカーになっています。

Audi e-tron GT quattro
「Audi e-tron GT quattro」のリヤビュー

今回の「World Performance Car」受賞について、AUDI AGの技術開発担当取締役であるオリバー ホフマン氏は、「バッテリーEVのAudi e-tron GT quattroが、デビューわずか1年で3つのカテゴリーのファイナリストに選ばれたことをうれしく思っています。今回の受賞でアウディにとって5度目のWorld Performance Carの称号を獲得できたことを誇りに感じています。Audi e-tron GT quattroは、バッテリーEVであるのと同時に、ダイナミックで魅力的であることを証明しました。これは、アウディがeモビリティへとシフトする取り組みの中で、非常に重要なポイントになります」と語っています。

Audi e-tron GT quattro
「Audi e-tron GT quattro」のエクステリア

「World Performance Car Award」を受賞したAudi e-tron GT quattroのハイパフォーマンスは、洗練されたサーマルマネジメント(熱マネジメント)により実現。同モデルは、4つの熱回路から構成されていて、バッテリーと駆動システムのコンポーネントは、常に理想的な温度に維持されています。

サーマルマネジメントは、EVの性能を左右するため、優れたパフォーマンスを繰り返し発揮することができます。Audi e-tron GT quattroに搭載されるインテリジェントなサーマルマネジメントは、走行中でもバッテリーは、外気温に応じて理想的な温度範囲に維持されます。

これにより、最大270kWの出力に対応した急速充電をより効果的に行うことが可能です。一充電あたりの航続距離は、534kmを実現しています。

Audi e-tron GT quattro
高いパフォーマンスを誇るAudi e-tron GT quattro

アウディは2026年以降、電気駆動システムを備えたニューモデルのみを市場に導入するとしていて、電動化攻勢を強める構えです。

さらに車両の電動化のみならず、2025年以降は、アウディの生産拠点における生産でもすべてカーボンニュートラルになるそう。Audi e-tron GT quattroが生産されているベーリンガーホフ工場では、カーボンニュートラルがすでに実現されています。

塚田 勝弘

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。