新城ラリー2022で清水和夫がゴマメった!?悔い改めた清水とヤリス号がMFFに登場【モーターファンフェスタ2022】

■4月24日(日)富士スピードウェイで行われる「モーターファンフェスタ2022」フォーラムエイト・ラリージャパン2022ブースに清水和夫が参上!

国際モータージャーナリスト・清水和夫さんが挑戦している全日本ラリー選手権。2022年ももちろん、参戦中です。

頑固一徹SYEスポーツCVTヤリス・新城ラリー2022
新城ラリー2022LEG1スタート!

その第1戦「新城ラリー2022」が2022年3月18日(金)~20日(日)、愛知県で行われました。

頑固一徹SYEスポーツCVTヤリス・新城ラリー2022
ドライバー 清水和夫/コ・ドライバー 山本磨美のコンビも、フォーラムエイト・ラリージャパン2022応援団!

JN-5クラス(1500cc以下の前輪駆動車)にエントリーする清水和夫選手は、2022年11月10日(木)~13日(日)に愛知・岐阜で行われる世界ラリー選手権・WRC第13戦「フォーラムエイト・ラリージャパン2022」応援メンバーでもあります。

モーターファンフェスタ2022
モーターファンフェスタ2022ロゴ

そのフォーラムエイト・ラリージャパン2022開催へ向けて、2022年4月24日(日)静岡県・富士スピードウェイで行われる“走る・動く東京オートサロン”ともいえる「モーターファンフェスタ2022」(以下、MFF)。そのコンテンツのひとつ、フォーラムエイト・ラリージャパン2022ブースで行われるトークイベントに、清水和夫さんが全日本ラリー選手権で走る「頑固一徹SYEスポーツCVTヤリス」号と、コ・ドライバーの山本磨美選手とともに参上します!

●ラリー界の大御所・清水和夫が、ラリースト・勝田範彦&新井敏弘にトークで突っ込む!

頑固一徹SYEスポーツCVTヤリス・新城ラリー2022
ドライバー 清水和夫/コ・ドライバー 山本磨美のコンビは、モーターファンフェスタ2022に揃って登壇します!

現WRCで活躍する勝田貴元選手のお父さんである勝田範彦選手と、国内外のラリーで大活躍中の新井敏弘選手とともに、清水和夫さんもフォーラムエイト・ラリージャパン2022ブースのステージに登壇。

元レースクイーンであり現役ラリーストでもあるクロエリこと黒澤恵里さん司会進行のもと、ラリー界のアレコレや裏話的なぶっちゃけ話なんかも飛び出そうな勢いです。

他にも、現役女性コ・ドライバーさんを集めての「ラリー女子サミット」に清水さんが混じってイジメられる…なんてことも計画中! 詳細はまた別途、別記事で紹介しますね。

●清水和夫の全日本ラリー選手権2022初戦、新城ラリーで起こった「ゴマメ模様」とは?

頑固一徹SYEスポーツCVTヤリス・新城ラリー2022
頑固一徹SYEスポーツCVTヤリス・新城ラリー2022での走り

全日本ラリー選手権2022初戦「新城ラリー2022」に、昨年に引き続きCVTヤリスで参戦した清水和夫選手。その活躍のすべては動画へ!

ですが、大変なことが起こったようです…。

●中速コーナー下りで落ち葉に滑って真っ直ぐドンッ!

頑固一徹SYEスポーツCVTヤリス・新城ラリー2022
清水和夫もやっちゃいました…ゴマメ模様

【頑固一徹SYEスポーツCVTヤリスの場合】
東京都・清水和夫(68歳) 水瓶座/O型

2022年3月19日(土)、新城ラリー2022のLEG1(1日目)でやってしまいました。

頑固一徹SYEスポーツCVTヤリス・新城ラリー2022
清水和夫もやっちゃいました…ゴマメ模様。マシンは痛そうですが、本人たちは無傷で良かった!

SS3 雁峰北リバース(12.75km)は、ブレーキがフェード気味だったため、左足ブレーキはあまり使わないようにしていましたが、12km付近の下り中速コーナー、苔(濡れた落ち葉)がたくさん出ているところにタイヤが乗っかっちゃって、ブレーキ効かず…。

で、真っ直ぐいってしまい岩にドンッ! ホイールも割れちゃいました。

昨年の新城ラリーでも土砂降りの中、同じ雁峰で丸太にドカン! で、フロントガラスが割れちゃった。2年続けて同じ新城の雁峰でやってしまったのです。

頑固一徹SYEスポーツCVTヤリス・新城ラリー2022
ゴマメにより割れたホイール…

ラリーの走り方は、思っている以上にインベタで行かないとダメかな。今後はリズム良く自分の常識から走りを変え、ラリーにアダプトしていくような走り方を探っていこうと思います。

しかし、新城ラリーの雁峰ってところは、日本のラリーコースの中で1番難しいと思うんです。路面は荒れてて、苔や泥が出ていたり、カーブも微妙に奥できついとか。なので、ボクの持っているペースノートのデータベースではだめで、もっと細かく作っていかないとココは克服できないな、という感じ。

頑固一徹SYEスポーツCVTヤリス・新城ラリー2022
クラッシュの状況をスタッフに説明する清水さん

安全に攻めるにはメリハリをつけて、「ここは攻めていい」「ここは落とさなきゃいけない」とか、高精度な地図を作らないとダメですね。

この難易度高めな雁峰を克服できれば、大概のラリーコースに応用できます。これにめげずにコンチクショー! と思って新城を攻略したいなと思っています。

ラリーは思い通りにいかないので、面白い!

●OPTION誌迷物「ゴ・マ・メ・模・様」とは?

クルマをクラッシュさせることを、チューニングカー雑誌・OPTION(オプション)誌では「ゴマメる」といっています。これは長年、人気の読者投稿ページ「グランパスクラブ」内「それぞれのゴ・マ・メ・模・様」で、事故&自己の反省と明日への活力となるよう憂さを晴らす…というような、いろいろと物議?を醸していたコーナーです。

その語源は「ゴマメの歯ぎしり」(無力な者がいくら憤慨してもなんの足しにもならないこと)。事故ったからって、悔しがったり悲しんだりしてもしょうがない。反省し、明日からはがんばりましょう! ということで、事故ることを「ゴマメる」と呼ぶようになったのです。


頑固一徹SYEスポーツCVTヤリス・新城ラリー2022
頑固一徹SYEスポーツCVTヤリス・新城ラリー2022での走り

あ~(汗)。昨年、清水さんはとあるラリーで、クラッシュした他マシンを笑っていたら、コ・ドライバーの山本磨美さんに「明日は我が身ですよ…」と怒られたことが現実に…。しかし、メカニックさんたちの必死の修復作業により、無事にLEG2を走れた清水さん。

MFFでは、そんなところも皆さんで突っ込んでみてくださいね!w

では、その新城ラリー模様のすべてはコチラ↓の動画でどうぞ~。

(文:元OPTION編集部・永光 やすの/動画:StartYourEnginesX

【関連リンク】

StartYourEnginesX
https://www.youtube.com/user/StartYourEnginesX

モーターファンフェスタ2022
https://motorfanfesta.com/2022/

フォーラムエイト・ラリージャパン2022
https://rally-japan.jp/

【関連記事】

  • マツダCX-60 の3.3L 直6ディーゼル+48Vマイルドハイブリッドに清水和夫、「新東名120km/hでブッ飛ばしたい!」
    https://clicccar.com/2022/04/12/1176683/
  • F1も新幹線も軽自動車もマクラーレンP1も。止めることなら任せとけ!!世界に誇れる日本の技術「曙ブレーキ」Ai-ミュージアムを清水和夫が社会科見学
    https://clicccar.com/2022/04/09/1175979/
  • スバル・レガシィアウトバックを清水和夫が雪上チェック!タイヤの接地性を上げる足があってこその優れたAWD、ここにあり!
    https://clicccar.com/2022/03/29/1172886/
  • 清水和夫×クロエリ(黒澤恵里)がスバル・ソルテラ雪上テストで大はしゃぎ!? が、しかし「タイヤがなぁ…」
    https://clicccar.com/2022/03/19/1170525/
  • 新たな世界を魅せる新型三菱アウトランダーPHEVで、クロエリこと黒澤恵里さんと雪道ドライブデート♪デレデレな清水和夫を見よw!
    https://clicccar.com/2022/03/08/1167276/
  • 清水和夫×ヤリスCVT。全日本ラリー選手権2021・新城ラリーは雨のLEG2で丸太が~!…悲【SYE_X】
    https://clicccar.com/2021/05/18/1083815/

この記事の著者

永光やすの

永光やすの 近影
「ジェミニZZ/Rに乗る女」としてOPTION誌取材を受けたのをきっかけに、1987年より10年ほど編集部に在籍、Dai稲田の世話役となる。1992年式BNR32 GT-Rを購入後、「OPT女帝やすのGT-R日記」と題しステップアップ~ゴマメも含めレポート。Rのローン終了後、フリーライターに転向。AMKREAD DRAGオフィシャルレポートや、頭文字D・湾岸MidNight・ナニワトモアレ等、講談社系クルマ漫画のガイドブックを執筆。clicccarでは1981年から続くOPTION誌バックナンバーを紹介する「PlayBack the OPTION」、清水和夫・大井貴之・井出有治さんのアシスト等を担当。