「比類なきハイパーカーになる」。オーストリアから次世代ハイパーカー「ヴァイアン」公開へ!

■4月13日デビュー、複合構造バッテリー採用、最大1,360psのEVドライブトレインを供給

オーストリア・ウィーンを拠点とするスタートアップ企業「DEUS」(デウス)は、ニューヨークモーターショー2022にて、新型のハイパーカー「ヴァイアン」を発表することをアナウンスしました。

DEUS ヴァイアン_003
DEUS ヴァイアン ティザーイメージ

「Vayanne」(ヴァイアン)は、ウィーンの街にちなんで名付けられたフルエレクトリックハイパーカーです。イタルデザインとWAE(ウィリアムズ・アドバンス・エンジニアリング)の共同開発によって誕生、「限定的」で「高性能」なモデルになるといいます。

DEUS ヴァイアン_002
DEUS ヴァイアン ティザーイメージ

両社は2021年4月、顧客向けのフルエレクトリックプラットフォームを開発するために協力していると発表。これは「EVX」と呼ばれ、パッケージに応じて104kWh、120kWh、160kWhの電力を供給できる複合構造バッテリーパックを備えるといいます。電

気モーターは2〜4基まで搭載可能で、そのバッテリーパックは、最大1,360psのEVドライブトレインを供給するととともに、航続は1,000kmという衝撃のスペックをあわせ持ちます。

ウィリアムズ・アドバンス・エンジニアリングでは、すでにフォーミュラEや、他の電気レーシングシリーズにバッテリーを供給しているため、そのパワートレインの背後にある技術的ノウハウが注入されることになります。

デウス衝撃のデビューは4月13日。市場では「比類なきハイパーカーになる」ことを目指すといいます。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?