PHV仕様も追加か?BMW X6改良新型の変更点をプレビュー!

■キドニーグリがブラック加工、ヘッドライトは薄くシャープに

BWMは現在、ミッドサイズ・クロスオーバーSUV「X6」のLCI(Life Cycle Impulse)に着手していますが、その市販型予想CGを入手しました。

BMW X6_008
BMW X6 改良型 予想CG

現行型X6は2019年に発売、これが初の大幅改良となります。約1年前からプロトタイプを捉えており、今回の予想CGは最新プロトタイプをベースに制作、信憑性は高いと思われます。

BMW X6_007
BMW X6 改良型 予想CG

フロントエンドでは、キドニーグリルがブラック加工されているほか、ヘッドライトは薄くシャープになると同時に、內部LEDデイタイムランニングライトも角が少なくスポーティなグラフィックに刷新されています。

その下のバンパーには薄くなった中央インテーク、両サイドにはスリムなL字型コーナーエアインテークが配置されています。また後部ではリフレクターが横から縦基調に変更されているほか、バンパー、ディフューザーが刷新されています。

BMW X6_006
BMW X6 改良型 プロトタイプ

キャビン内では、2つのデジタルスクリーンを備えた湾曲ディスプレイユニットを装備。1つは14.9インチのインフォテイメントシステム用で、もう1つは12.3インチのデジタルインストルメントクラスタであると思われます。おそらく、「iDrive8」インフォテインメントシステムが組み込まれるはずです。

エンジンラインアップに関しては、最高出力265psを発揮する3.0リットルV型6気筒ディーゼルターボエンジンをはじめ、最高出力530ps・最大トルク750Nmを発揮する強力な4.4リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンなどがキャリオーバーされる見込みです。

さらに「X5 xDrive 45e」と同様のプラグインハイブリッドが追加設定される可能性があるほか、「iX5ハイドロゲン」をベースとした水素燃料電池のバリエーションも噂されています。

BMWは2022年内に改良型のX5を投入予定で、X6は2023年のワールドプレミアが期待できるでしょう。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?