アルファロメオ・ステルヴィオが一部改良。新グレードのグランドツアラー系「Ti」も追加!

■一部改良で全車ルーフレス仕様に変更

アルファロメオ初のプレミアムSUV「Stelvio(ステルヴィオ)」が一部改良を受けると共に、新グレードの「Stelvio Ti」が追加され、2022年4月16日(土)から販売されます。

数あるSUVの中でも、アルファロメオらしい高いスポーツ性能とセクシーなイタリアンデザインが支持されているステルヴィオ。全車4WDでエンジンには2.2L直列4気筒ターボ、2.0L直列4気筒ツインスクロールターボ、2.9L V6ツインターボが設定されています。

アルファロメオ ステルヴィオ
アルファ ロメオ・ステルヴィオの新グレード「Ti」

新グレードの「Stelvio Ti」は、「Turismo Internazionale」の頭文字から命名されています。「Ti」は、伝統的に同ブランドの高性能仕様に与えられる呼称。あらゆる道をスポーティかつ快適に駆け抜けるクルマという意味が込められています。

アルファロメオ ステルヴィオ
ステルヴィオ「Ti」のリヤビュー

ステルヴィオ「Ti」もその名のとおり、スポーツ性能の高さと上質さを併せ持ったグランドツアラーとしての性格が強調されています。「Ti」には、ボディ同色のエクステリアミラーハウジング、新デザインの「5ホール」20インチアルミホイールなどが備わり、エレガントで、フットワークの良さを予感させるスタイリングを付与。

アルファロメオ ステルヴィオ
「Ti」のインパネ

一方のインテリアには、シリーズ唯一の「グレーオーク」のウッドパネルをはじめ、ナチュラルレザーシート(前席シートヒーター付)が用意されています。シート色はブラックのほか、専用のチョコレート色が設定されていて、ブラック基調のインテリアと相まって上質なムードを醸し出しています。

アルファロメオ ステルヴィオ
「Ti」のフロントシート

装備は、オートハイビーム機能付バイキセノンヘッドライト、ステアリングヒーター付スポーツレザーステアリングホイール、ナビゲーションシステムなどの先進機能や快適装備のほか、「トラフィックジャムアシスト」や「ハイウェイアシストシステム」などの先進安全装備を用意。

アルファ ロメオ ステルヴィオ
「Veloce(ヴェローチェ)」のエクステリア

今回の一部改良では、「Veloce(ヴェローチェ)」と「Quadrifoglio(クアドリフォリオ)」の仕様が変更されています。全車がルーフレールレス仕様に統一され、クーぺのようなルーフラインを強調。「ヴェローチェ」には、ボディ同色のエクステリアミラーハウジングや21インチに拡大された新デザインのアルミホイールが新たに採用されています。さらに、「リミテッドスリップディファレンシャル(LSD)」が新たに搭載され、スポーティな走りに磨きが掛けられています。

アルファ ロメオ ステルヴィオ
「Quadrifoglio(クアドリフォリオ)」のエクステリア

最上級グレードである「クアドリフォリオ」は、21インチの専用アルミホイールやブラックテールライトのほか、レザー/アルカンターラステアリングホイール、ホールド性と快適性を両立したというスパルコ製カーボンバケットシートが備わり、スポーティムードがより濃厚になっています。

●ボディサイズ:全長4690×全幅1905×全高1680mm

●価格:
「2.2 TURBO DIESEL Q4 Ti(2.2L直4ターボ)」:680万円
「2.2 TURBO DIESEL Q4 Veloce(2.2L直4ターボ)」:731万円
「2.0 TURBO Q4 Veloce(2.0L直4ツインスクロールターボ)」:771万円
「2.9 V6 BI-TURBO Quadrifoglio(2.9L V6ツインターボ)」:1338万円

塚田 勝弘

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。