BMW 「M340i」改良型、プロトタイプが過激Mウィングを初装着!

■フロンエンドには専用のキドニーグリル、エアカーテン、メッシュエアインテークを装備

BMWは現在、主力モデル「3シリーズ」改良型の開発に着手していますが、その高性能モデルとなる「M340i」市販型プロトタイプをカメラが初めて捉えました。

BMW 340i_003
BMW M340i 改良型 プロトタイプ

第7世代となる現行型(G20)は2019年に登場、3年目にして初の大幅改良が施されます。

捉えたプロトタイプは、ピュア「M」の下に位置するMパフォーマンスで、フロンエンドには、専用のキドニーグリル、エアカーテン、メッシュエアインテーク、スプリットタイプのリップスポイラーが装着されています。

また、ヘッドライトがスリムに新設計されている様子もうかがえます。

BMW 340i_011
BMW M340i 改良型 プロトタイプ

足回りには19インチと思われる新デザインのホイールを装着、後部ではトランクリッドにMパフォーマンスリアウィングを装備、ディフューザーやデュアルエキゾーストパイプもアップデート中のようです。

そのほか、ルーフのシャークフィンアンテナや、ホイールセンターのロゴ、フロントフェンダーのロゴなどもカモフラージュが施されています。

今回内部を見ることはありませんでしたが、ダッシュボードを新設計、12.3インチのデジタルインストルメントクラスターと、最新のiDrive8インフォテインメント用の14.9インチのタッチスクリーンで構成されるBMWカーブドディスプレイが搭載されます。

M340iのデビューは最速で2022年内と予想され、今後M3ツーリングなどMファミリーが拡張される予定です。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?