スマートEV次期型の名は「スマート#1」に決定!プロトタイプを公式リーク

■2022年内デビュー、効力係数がわずか0.29という抜群のエアロ効率を実現

スマートは、フルエレクトリックモデルの次期型の車名を「スマート#1」と発表するとともに、プロトタイプの画像を公式リークしました。

スマートEV_003
スマートEV 次期型 ティザーイメージ

近い将来、欧州と中国で販売される次期型は、メルセデス・ベンツのグローバルデザインチームと共同で設計、「トレンドセッター」を目指すといいます。

そのため、車名は一般的な英数字の組み合わせではなく「デジタル時代の流行を喚起する」ハッシュタグ記号が用いられているようです。

スマートEV_002
スマートEV 次期型 ティザーイメージ

スマートのグローバルセールス、マーケティング、およびアフターセールス担当副社長であるダニエル・レスコー氏は、「ブランドのリニューアル後に発売される最初のモデルとして、#1は電気駆動技術とプレミアム品質を組み合わせています。中国と欧州で将来の顧客を魅了し、都市のモビリティの新しいトレンドを設定、強力なブランド体験を共同で作成すると確信しています」と語っています。

スマートEV_004
スマートEV 次期型 ティザーイメージ

市販型では効力係数がわずか0.29で、そのエアロ効率はフラッシュマウントドアハンドル、アクテイブグリルシャッター、そして滑らかなボディ形状の結果としてもたらされているようです。

目立った機能としては、フラッシュマウントドアハンドルが、氷の層で覆われたとしても機能できる特別な砕氷機能が付いています。

バッテリーは、車両が冷えているときに最適な充電出力効率と最適な動作温度を確保するための予熱設定が付属しています。

スマートEV_001
スマートEV 次期型 ティザーイメージ

そのほか全電動パワートレインは、ボッシュの堅牢なESPシステムによってサポートされており、天候が厳しくなった場合でも、運転の快適性、ハンドリングの安定性、ブレーキ性能を確保するといいます。

同社のスマート研究開発担当副社長であるヤン・ジュン氏は、「スマートとメルセデス・ベンツの設計チーム間のシームレスな協力のおかげで、スマート#1はエンジニアリングの傑作となりました」と延べています。

スマート#1市販型は今年後半に市場に投入される予定です。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?