これが最後の1台?ミツオカ・ロックスター特別仕様が1台限定で販売!

■ミツオカ・ロックスターはすべて生産終了

光岡自動車が2018年に発表した、ミツオカ・ロックスターの特別限定車「Rock Star 2.0 LHD Only1 Special」を1台限定で販売します。これはミツオカ・ロックスターの完売・完納を記念したもので、抽選販売となります。

Rock Star 2.0 LHD Only1 Special
完全限定で、一般販売車とも異なる特別な一台

ミツオカ・ロックスターは、光岡自動車の創業50周年記念に製作された車両で、マツダNDロードスターをベースに、シボレー・コルベット(C2)風の外観をまとった一台。それまでのミツオカ車にあった欧州クラシックカーのテイストとは大きく異なっています。

車両サイズは全長4345mm(ベースのロードスターは3915mm)、全幅も1735mmに対して1770mmと拡大したサイズ。ちなみにホイールベースや室内寸法は変わりません。

Rock Star 2.0 LHD Only1 Special
ボディカラーは専用色パッションブラッドレッド

その発売に際し、光岡の顧客に対して先行して50台が販売され、残り150台の合計200台が生産されることとなり、2019年から3年にわたって生産されてきました。

そして昨年、最終生産車がラインオフとなり、全ての車両がオーナーのもとへ届けられたといいます。

MX5がベース
これまでの200台のロックスターとは異なる左ハンドルで2.0Lエンジン搭載モデル

今回の完売・完納特別記念限定車は、カナダ向けのマツダ「MX5」を基本車体にし、標準モデルには設定の無い左ハンドルで2.0Lエンジンを搭載した特別なモデル(6AT車)となります。

専用色のパッションブラッドレッドを基本に、内装を特別装備で仕上げています。車両本体価格は990万円(税込み)です。

専用インテリアレザーセット
ボディカラーに合わせた専用インテリアレザーセットを装備

その販売については抽選販売とし、抽選申込受付を2022年1月28日(金)から2022年2月14日(月)まで、全国のミツオカ販売拠点にて行い(申込金50万円が必要)、応募者数が100名に達した時点で申込受付は終了となります。

そして厳正な抽選ののち、2月下旬には当選者が決定します。

このモデルの実車は、2月2日(水)から2月14日(月)の間、『MITSUOKA麻布ショールーム/GALLERY 麻布』(東京都港区麻布台2-3-3)にて展示予定だそうです。

青山 義明

この記事の著者

青山 義明

青山 義明 近影
編集プロダクションを渡り歩くうちに、なんとなく身に着けたスキルで、4輪2輪関係なく写真を撮ったり原稿書いたり、たまに編集作業をしたりしてこの業界の片隅で生きてます。現在は愛知と神奈川の2拠点をベースに、ローカルレースや障がい者モータースポーツを中心に取材活動中。日本モータースポーツ記者会所属。