ポルシェデザイン50周年を記念した「911エディション50Yポルシェデザイン」が750台限定車が登場

■伝説の腕時計「クロノグラフI」と同じカラーにペイント

カイエンやマカンというSUVが売れても、ポルシェといえば911という方も多いはず。ポルシェジャパンは、2022年1月19日(水)、ポルシェデザインの50周年を記念した限定モデル「911エディション50Yポルシェデザイン」の予約受注を開始しました。

ポルシェデザインは、クルマ関連だけでなくアパレルや小物まで多彩なアイテムを揃えています。

ポルシェ911タルガ
ポルシェ「911エディション50Yポルシェデザイン」のエクステリア

今回の50周年記念限定車は「911タルガ4GTS」がベース。ポルシェデザインの創設者であるフェルディナント・アレクサンダー・ポルシェ(F.A.ポルシェ)のデザインにインスパイアされたという多くの装備を備えた750台限定車です。

ポルシェ911タルガ
「911タルガ4GTS」がベース

オールブラックのエクステリアに加えて、クラシックなチェック柄の「Sport-Tex」シートセンターや、標準装備される「スポーツクロノパッケージ」によるレッド秒針の「ポルシェデザイン サブセカンドクロック」などが過去へのオマージュとして採用されています。

1972年にF.A.ポルシェがデザインした伝説の腕時計「クロノグラフI」に敬意が表され、同じカラーに塗装されています。内外装の両方にブラックを採用。

ポルシェ911タルガ
ハイライトは911 スポーツクロノパッケージ

プラチナサテン仕上げの「Porsche Design」ロゴ入りのクラシックなサイドストライプが側面を飾っています。

スペシャルハイライトのタルガバーもレーザー加工が施されたプラチナサテン仕上げで、「ブラッシュステンレススチール」だったオリジナルのクラシックモデルを現代的に解釈したものだそう。

「targa」のロゴは、マットブラック仕上げで、リヤのエンジンカバーのグリルには、F.A.ポルシェのシグネチャーと「Porsche Design 50th Anniversary」バッジも付いています。

●ポルシェ「911エディション50Yポルシェデザイン」価格:2505万円

塚田 勝弘