ランドローバー史上最速を誇る「レンジローバー・スポーツSVR」をベースとした2台の限定車が登場

■25台限定の「RANGE ROVER SPORT SVR JAPAN SV EDITION」、6台限定の「RANGE ROVER SPORT SVR CARBON+」

2022年1月11日に「SVスペシャリストセンター」を開設したばかりのジャガー・ランドローバー・ジャパン。

開設の目玉モデルとなる特別仕様車「RANGE ROVER SPORT SVR JAPAN SV EDITION」「RANGE ROVER SPORT SVR CARBON+」の受注を開始しました。

RANGE ROVER SPORT SVR JAPAN SV EDITION
「RANGE ROVER SPORT SVR JAPAN SV EDITION」のエクステリア

ベース車は、0-100km/h加速4.5秒で、ランドローバー史上最速を誇る「RANGE ROVER SPORT SVR」。

「RANGE ROVER SPORT SVR JAPAN SV EDITION」が限定25台。もう1台の「RANGE ROVER SPORT SVR CARBON+」が限定6台となっています。

RANGE ROVER SPORT SVR CARBON+
「RANGE ROVER SPORT SVR CARBON+」のエクステリア

前者は、「SV ビスポーク・チーム」と連携して設定された新ボディカラーが日本に初導入されています。

RANGE ROVER SPORT SVR JAPAN SV EDITION
「RANGE ROVER SPORT SVR JAPAN SV EDITION」のインテリア

新色は、「ロランジュ(メタリック)」「SV BESPOKEグレイ(ソリッド)」「アボカド(メタリック)」の3色。

内・外装に「SVビスポークモデル」であることを強調するロゴやプレートがレイアウトされています。

インテリアには、エボニーとシーラスの2トーンカラーで仕立てられ、ヘッドレストに「SVR」の刺繍が施されています。

さらに、Bピラーに「SV BESPOKE」のエンブレム、イルミネーション付メタルトレッドプレートに、限定25台中の1台であることを表す「ONE OF 25」のディスクリプションを用意。

RANGE ROVER SPORT SVR CARBON+
「RANGE ROVER SPORT SVR CARBON+」のインテリア

後者は、その車名のとおり、カーボンファイバーが内・外装に配された2022年モデルの限定グレード「RANGE ROVER SPORT SVR CARBON EDITION」がベースです。

ボディカラーは「SVOウルトラメタリックペイント」の「アメジストグレイパープル」と「フラックス」の2色展開で、「エボニー/シーラス」のインテリアとコーディネイトされています。

ほかにも、「スライディングパノラミックルーフ」やヒーター&クーラー付きフロントシートなど人気のオプション、多彩な「ドライバーアシストパック」が用意され、快適性や安全性の向上も図られています。

さらに、快適な車内環境を提供する空気イオン化テクノロジー(PM2.5フィルター付)などを装備されています。

RANGE ROVER SPORT SVR JAPAN SV EDITION
「RANGE ROVER SPORT SVR JAPAN SV EDITION」のリヤビュー

なお、「RANGE ROVER SPORT SVR JAPAN SV EDITION」は、ボディカラーの「ロランジュ」が8台、「SV BESPOKEグレイ」が8台、「アボカド」が9台限定。

「RANGE ROVER SPORT SVR CARBON+」は、「アメジストグレイパープル」が3台、「フラックス」が3台限定です。

RANGE ROVER SPORT SVR CARBON+
「RANGE ROVER SPORT SVR CARBON+」のリヤビュー

●「RANGE ROVER SPORT SVR JAPAN SV EDITION」価格:2165万円
●「RANGE ROVER SPORT SVR CARBON+」価格:2111万円

塚田 勝弘