ホテルやミュージアムが今秋開業。富士スピードウェイは「変化」を猛アピール!【東京オートサロン2022】

■温泉やキャンプも楽しめる。第2東名開通も追い風に!

日本を代表するサーキット・富士スピードウェイスーパーGTスーパーフォーミュラはもちろんのこと、世界選手権イベントのWEC(世界耐久選手権)や国内唯一の24時間レースであるスーパー耐久「富士SUPER TEC」、インタープロトなどなど、年間を通じてビッグイベントを開催しています。

東京オートサロン2022富士スピードウェイブース
中エリア・ホール6にある富士スピードウェイのブース
東京オートサロン2022富士スピードウェイブース
ブースに飾られた昨年の富士SUPER TEC ST-1クラス優勝マシン「シンティアム アップルKTM」

レース観戦以外にも、レーシングコースの体験走行やドライビングレッスン、オフィシャルカーと愛車の記念撮影など、体験型プログラムも目白押し。クルマ好きにはたまらないスポットといえますね。

そんな富士スピードウェイも東京オートサロン2022にブースを出展して、サーキットの楽しさをアピール。

200インチの大スクリーンでは昨年の富士スーパーテックの模様が映し出され、ステージでは「競争女子(辻本始温さん&萩原友美さん)」やレースアナウンサー(ピエール北川さん&辻野ヒロシさん)のトークショーなどが開かれるなど、華やかさに包まれています。

東京オートサロン2022富士スピードウェイブース
生まれ変わるサーキット周辺をパネル展示
東京オートサロン2022富士スピードウェイブース
サーキットにはホテルとミュージアムが建設されます!

そんな富士スピードウェイが猛プッシュしていたのが、今秋に予定されているビッグなリニューアル。まもなく現地には、サーキットを一望するホテルやミュージアム、アミューズメント施設などがオープンするのです!

東京オートサロン2022富士スピードウェイブース
西ゲート脇にオープンする「富士スピードウェイホテル」のイメージ

まずホテルですが、「富士スピードウェイホテル」という名称で、国際的なホテルグループ「ハイアット」が日本に初上陸させる「アンバウンド コレクション by Hyatt」というブランドが運営します。場所は現在ある西ゲートのすぐ脇になります。

レーシングコースの最終コーナーが間近ですから、ベランダから優雅にレース観戦なんてこともできそうですね。客室数は全120室。温泉施設やジムなども完備されるとのこと。

東京オートサロン2022富士スピードウェイブース
南西側道路を挟んで反対側にはモータースポーツビレッジが

さらにこのホテルには、モータースポーツの歴史や文化が体感できるミュージアムが併設されます。監修はトヨタ博物館が行うといいますから、車両展示も本格的なものになるでしょう。

トヨタ車に限らず、日本のレース史を飾ったさまざまなレーシングカーがずらりと揃うはずですから、楽しみですね。

東京オートサロン2022富士スピードウェイブース
モータースポーツビレッジの完成イメージ

その富士スピードウェイホテルに対し、道路を挟んだ南側に作られるのが「モータースポーツビレッジ」。

もともとこのあたりにはレース関係者のレース村がありましたが、そのエリアを来訪者に広く開放しようというのが狙い。レーシングチームのガレージを核として、周囲にグランピング施設や温浴施設、イベント広場などアミューズメント設備がオープン予定です。

昼間はレースを楽しんで、夜は仲間とわいわいキャンプができるなんて、めちゃくちゃ楽しいですよね。

東京オートサロン2022富士スピードウェイブース
サーキットの南に新東名が通ります

ご存じのとおり、富士スピードウェイ近くでは新東名高速道路が建設中ですが、その完成はもう少し先になりそう。

でもこの道路ができればサーキットのすぐ南に「小山スマートインターチェンジ」がオープンし、富士スピードウェイへのアクセスは劇的に向上します。周辺の開発も含めて、ホテルやモータースポーツビレッジのオープンは胸が高まるニュースですね。

(文と写真:角田伸幸、東和不動産))

この記事の著者

角田伸幸

角田伸幸 近影
1963年、群馬県のプロレタリアートの家庭に生まれる(笑)。富士重工の新米工員だった父親がスバル360の開発に立ち会っためぐり合わせか、その息子も昭和期によくいた「走っているクルマの名前が全部言える子供」として育つ。上京して社会人になるもクルマ以上に情熱を注げる対象が見つけられず、自動車メディアを転々。「ベストカー」「XaCAR」で副編集長を務めたのち、ポリフォニー・デジタルにてPlayStation用ソフトウェア「グランツーリスモ」シリーズのテキストライティングに携わる。すでに老境に至るも新しモノ好きで、CASEやパワートレインの行方に興味津々。日本ディープラーニング協会ジェネラリスト検定取得。大好物は豚ホルモン(ガツとカシラ)。