レトロなSUVカスタムに似合うTOYO TIRESのオフロードタイヤ【東京オートサロン2022】

■レトロ感がおしゃれなSUVカスタムが流行

東京オートサロン2022で盛況な幕張メッセ。その北館11ホールではTOKYO OUTDOOR SHOWが併催されています。その中でレトロ感にあふれる軽のSUVを出展しているDAMD inc.とTOYO TIRES OPEN COUNTRYのコラボブース。

DAMD inc.とOPEN COUNTRYのコラボブース
DAMD inc.とOPEN COUNTRYのコラボブース

コロナ禍の影響で密になりにくいアウトドアレジャーが大流行中ですが、その主役ともいえるSUVのカスタマイズの流行はレトロテイストとなっています。

レトロ調カスタマイズのジムニー
レトロ調カスタマイズのジムニー

レトロといっても目標とされる年代は幅が広いですが、今の中心は80年代。世界中でヘビーデューティーなクロスカントリー4WDが隆盛を極めた時代となります。

その武骨ともいえる機能美を現代のSUVにちりばめているのがDAMDの展開するSUVのカスタマイズといえます。

■レトロカスタマイズにはレトロパターンなタイヤを

そんな80年代レトロな雰囲気を醸し出すカスタマイズSUVには、やはりレトロなタイヤパターンのオフロードタイヤが必要かもしれません。

レトロ調にカスタマイズされたジムニー
レトロ調カスタマイズなジムニー

TOYO TIRESではそんなカスタマイズの要求にこたえて、80年代に発売していたOPEN COUNTRY 785を復刻。

今回出展されていたDAMDのカスタマイズジムニーに装着されたOPEN COUNTRY 785は参考出品ですが、タイヤパターンはまさに80年代のクロカン4WDそのもの。しかしコンパウンドや構造は現代の最新技術を採用していますので走行性能や静粛性、安全性は折り紙付きです。

80年代のタイヤパターンを復刻させた
80年代のタイヤパターンを復刻させた785

パターンを復刻させただけではなく、タイヤレターもちょっと色あせた感じのベージュ調として、ここでもレトロ感を演出しています。

タイヤパターンとタイヤレターのレトロな相乗効果で、このDAMDのカスタマイズジムニーとのマッチングは完璧!といえます。

TOYO TIRESのブースにはオリーブカラーのタイヤレターの785も参考展示
TOYO TIRESのブースにはオリーブカラーのタイヤレターの785も参考展示

このOPEN COUNTRY 785は、東京オートサロン2022のTOYO TIRESのブースにも展示されていますが、こちらのタイヤレターはオリーブグリーンとして参考出品されています。

レトロ調にカスタマイズされたジムニー
レトロ調カスタマイズのジムニー

タイヤもカスタマイズを完成させる上では重要なキーアイテム、と感じさせる今回のDAMDとOPEN COUNTRYのコラボ。まさにおしゃれは足元から!

(写真・文:松永和浩

この記事の著者

松永 和浩

松永 和浩 近影
1966年丙午生まれ。東京都出身。大学では教育学部なのに電機関連会社で電気工事の現場監督や電気自動車用充電インフラの開発などを担当する会社員から紆余曲折を経て、自動車メディアでライターやフォトグラファーとして活動することになって現在に至ります。3年に2台のペースで中古車を買い替える中古車マニア。中古車をいかに安く手に入れ、手間をかけずに長く乗るかということばかり考えています。