徐々に進化を続けるミツオカ・バディ。専用にチューニングしたアルパインのカーナビを新設定【東京オートサロン2022】

■ディーラーオプション設定も拡幅中

光岡自動車の新型SUV「Buddy(バディ)」のディーラーオプションに、アルパインマーケティングの大画面カーナビ「ビッグX」が新たに設定されました。アルパイン製オーディオのオプション設定採用は今回がミツオカ初となります。

ミツオカ・バディ
今回の東京オートサロンで展示された唯一のミツオカ・バディ

バディはトヨタRAV4をベースにしたミツオカブランド初のSUVで、2020年11月の発表以来、生産計画を倍増する等対応をしているものの、現在も注文から納車まで2年ほどの期間がかかるという大人気モデル。

ミツオカ・バディでは、これまで標準設定のディスプレイオーディオしか選択肢がありませんでしたが、今回の設定追加で、これまで以上にバディを楽しむ環境が拡がったといえます。

バディ インパネ
標準設定のディスプレイオーディオと、このディーラーOPのビッグXと選択肢が増えた

この「ビッグX」は9 型 WXGA LED液晶ディスプレイを搭載したナビゲーションで、声でカーナビ操作が行える「ボイスタッチ」を搭載しているモデル。

また、バディ専用のチューニングデータを搭載しているので、最適な音響パラメーターにより純正スピーカーを最適な音質へ調整が可能。

今回の「バディ専用ナビゲーションパッケージ」は、「ビッグX」のみのパッケージA(29万7630円)、「ビッグX」にETC2.0を組み合わせたパッケージB(34万1960円)、そして「ビッグX」+ETC2.0+2カメラドライブレコーダーを組み合わせたパッケージC(38万9370円)の3コースが設定されます。

オープニング画面
「ビッグX」の大画面には起動時にBuddyのロゴとフロントビューが浮かび上がる

東京オートサロン2022では、「ALPINE STYLE」ブースに展示されているのが会場内で唯一のミツオカ・バディであり、「バディ専用ナビゲーションパッケージ」装着車です。

この車両に装着されている「ビッグX」で、バディのフロントビューが浮かび上がるバディ専用の起動時のオープニング画面を確認することができます。

(青山義明)

この記事の著者

青山 義明

青山 義明 近影
編集プロダクションを渡り歩くうちに、なんとなく身に着けたスキルで、4輪2輪関係なく写真を撮ったり原稿書いたり、たまに編集作業をしたりしてこの業界の片隅で生きてます。現在は愛知と神奈川の2拠点をベースに、ローカルレースや障がい者モータースポーツを中心に取材活動中。日本モータースポーツ記者会所属。