伝説のランチア「デルタ」が帰ってくる!? 現代版モデルを大予想

■フルEVにレトロなエクステリア採用で2025年デビューか?

ランチアは、名車「デルタ」を復活させる計画を持っていますが、その新型モデルデザインを大予想しました。

ランチア デルタ_003
ランチア デルタ 新型 予想CG

現在「ステランティスN.V.」傘下にあるランチアは、現在2011年から発売されている「イプシロン」のみを販売しています。

ブランドCEOであるルカ・ナポリターノ氏は、新型イプシロンを2024年に投入するほか、デルタを復活させることに言及、この車は「エキサイティング」で「進歩と技術のマニフェスト」になるだろうと付け加えています。

また2025年にも発売される可能性があることがわかりました。

ランチア デルタ_006
ランチア デルタ 新型 予想CG

初代デルタは、イタルデザインの手により1979年に発売(1911年の「デルタ」とは別モデル)、1980年にはヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーに輝いた名車で、1989年には200psを発揮する「インテグラーレ」などが設定されました。

最終モデルとなる第3世代は2008年に登場しましたが、2014年に生産終了となっています。

11年振りの復活が予想される新型を予想してくれたのは、おなじみロシアのカーメディア「KORESA.RU」です。

予想CGでは、レトロなヘッドライト、シンプルな下部グリル開口部、ワイドなフードスクープ、フェンダーフレアを装備しているほか、フロントフェンダー後部にはスリムなエアアウトレットも配置されています。

ランチア デルタ_001
ランチア デルタ 新型 予想CG

リアエンドでは、スタイリッシュなバンパー、C字型テールライト、足まわりには白いマルチスポークホイールが見てとれます。また大型の円形デュアルエキゾーストパイプを装備していますが、新型ではフルエレクトリックのハッチバックとして登場する予定のため、これは変更されると思われます。

市販型では、PSAの「eVMP」プラットフォームの進化系である「STLA Mediumプラットフォームを採用することも予想されています。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?