4年ぶりに出展するフォルクスワーゲンは、新型ゴルフGTI、エッティンガーと共同したカスタマイズモデルを展示【東京オートサロン2022】

■ブースのイメージカラーにGTIの赤を使用

2021年12月に入ってから8代目のフォルクスワーゲン・ゴルフに、ディーゼルエンジンのTDI、スポーツモデルのGTIが相次いで加わっています。フォルクスワーゲングループジャパンは、2022年1月14日(金)から16日(日)の3日間、千葉県・幕張メッセで開催される「東京オートサロン2022」に、4年ぶりに出展すると発表しました。

フォルクスワーゲン 東京オートサロン
フォルクスワーゲンの「東京オートサロン2022」のブースイメージ

幕張メッセの中ホールに展開されるフォルクスワーゲン・ブースは、先述した新型GTIの象徴カラーである赤をイメージカラーとして使い、絶大な人気と知名度を誇る「GTI」の訴求、フォルクスワーゲンを使った新しいクルマの楽しみ方を提案するとしています。

展示されるモデルは、新型GTIをはじめ、今後発売予定で、フォルクスワーゲン本社のアクセサリー部門とドイツの老舗チューナー「Oettinger(エッティンガー)」が共同開発のボディパーツをまとった新型GTIの2台。

フォルクスワーゲン 東京オートサロン
新型ゴルフGTIのフロントマスク

「エッティンガー」は、1946年にゲルハルト・エッティンガーによってドイツ・フランクフルト近郊に設立された整備会社。エッティンガーの高い技術力で改造されたビートルが話題を呼びました。

卓越した開発力により各ドイツ車メーカーからエンジンチューニングを任せられ、現在でもそのスポーツ性や実用性を兼ね備えたラインアップが高く評価されています。

ほかにも、GTIオリジナルグッズがもらえるプレゼントキャンペーン(数量限定)や、フォルクスワーゲン・アカデミー公認トレーナーによるトークショーなども行われる予定です。

塚田 勝弘

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。