ルノー・ジャポンと「Diaspora skateboards」「PATRICK」のコラボ・コレクションが発売

■スケートシューズやゲームシャツ、トレーニングウェア、サッカーボールなどを用意

ルノー・ジャポンは、パティスリーのピエール・エルメとのコラボや、ファッションブランドのエディフィスとの協業などを積極的に展開しています。

ルノー・ジャポン
ルノー・ジャポンと「Diaspora skateboards」「PATRICK」とのコラボによるスタイリング

Diaspora skateboards(ディアスポラスケートボーズ)、フランス発祥のシューズブランドのPATRICK(パトリック)とのコラボによるカプセルコレクションが、2021年12⽉18⽇(⼟)から販売されます。

今回、販売されるコレクションは、PATRICKのルーツであるフットボールカルチャーにフォーカス。PATRICKがサプライヤーを務めるフットボールクラブ「Diaspora FC」をイメージしてデザインされたウェアとシューズを中心としたアイテムになります。

ルノー・ジャポン
フランス発祥のパトリックとのコラボモデル

コレクションは、フランスを彷彿とさせる上品なネイビーをキーカラーとしていて、80年代前半にサッカーのフランス代表選手で名選手で知られた「将軍」こと、ミッシェル・プラティニのトレーニング用シューズ「PlLATINI TRAINER」をアップデートしたスケートシューズを用意。

ほかにも、メインスポンサーとしてルノーのロゴが使われているゲームシャツとセットアップで着用可能なトレーニングウェア、サッカーボールとスケートデッキがラインナップされています。

ルノー・ジャポン
RENAULTのロゴが入る

なお、LOOKには都市型SUVで、多くのバックオーダーを抱えているというルノー キャプチャーが登場。スケートボードとフットボール、また都会的なカーカルチャーが混ざり合った世界観が表現されています。

なお、同コレクションは、12⽉18⽇(⼟)から、Diaspora skateboards、PATRICKの各オンラインストアと、Diaspora skateboards取扱店、PATRICK直営店で販売がスタートされます。

ルノーやディアスポラスケートボーズ、パトリックのファンなら見逃せないコレクションになっています。

ルノー・ジャポン
ジャージのイメージ

塚田勝弘