アウディA8の最終兵器「RS」いよいよ初設定か? 600馬力オーバーと予想

■グリルをさらに拡大、リップスポイラー、アグレッシブな三角形のエアインテークなど装備

アウディは11月に入り、フラッグシップ・セダン「A8」、および高性能モデル「S8」改良型を発表しましたが、その頂点に君臨する「RS8」設定の噂が浮上、その予想CGを入手しました。

アウディ RS8
アウディ RS8 予想CG

「RS8」といえば、2019年に「RS」シリーズのデビュー25周年を記念した特別展示「25 years of RS」にて、第3世代前期型をベースとする「RS8」のプロトタイプが公開されましたが量産化に至っておらず、実現すれば史上初の「RS8」誕生となります。

アウディ S8_002
アウディ S8 改良型

おなじみ「X-Tomi Design」から協力を得た予想CGは、「A8」と「S8」改良型のグリルをさらに拡大、その微調整は新しいヘッドライトの間のスペースを占め、威嚇しているようです。

グリルは新しいS8同様にブラックメッシュを採用していますが、下部にスポーティなリップスポイラーを装着、バンパー外側にアグレッシブな三角形のエアインテーク、内部に垂直のフィンを配置するなど、フロントエンドは大きく差別化されています。

アウディ S8_001
アウディ S8 改良型

さらにボディはローダウンされ、フェンダーフレアはロープロファイルタイヤの上にしっかりと固定、厚みのあるサイドスカートはボトムに沿ってリヤバンパーまで流れています。また専用の大径ホイール、RSバッジ、ブラックルーフも見てとれます。

パワートレインは不明ですが、発売されるとなれば「S8」の最高出力563ps・最大トルク800Nmを超え、最高出力600ps・最大トルク900Nmをオーバーしてきそうです。

RS8がすぐに市販化されるかは断定できませんが、同ブランドではメルセデス・マイバッハに対抗する最高級モデル、「A8ホルヒ」を投入するなど派生モデルに積極的であり、今後の動向に注目です。

(APOLLO)