スズキ・ジムニー/ジムニーシエラのハイマウントリヤカメラキットがデータシステムから登場

■リヤのウォッシャーノズルとカメラを一体化できる

ドライバーの死角をサポートする装備として、リヤビューカメラは欠かせないアイテムになっています。普及に伴い、なるべく目立たないように装着できるように設計やデザイン面でも進化しているようです。

データシステム ハイマウントリヤカメラキット
ジムニー/ジムニーシエラ用ハイマウントリヤカメラキットが新登場

多彩なカメラキットを多くリリースするデータシステムは、ジムニー/ジムニーシエラ用(JB64W/74W)のハイマウントリヤカメラキットを2021年11月26日(金)に発売しました。

このハイマウントリヤカメラキットは、ウォッシャーノズルの取り付け穴を利用して装着できるため、ボディへの穴あけ加工が不要になります。

データシステム ハイマウントリヤカメラキット
より高い位置に設置できる

もちろん、目立たず装着できます。カメラとノズルを一体化し、ウォッシャー機能を活かしたままで取り付けることができる画期的なアイテムになっています。

さらに、ナンバープレート付近の純正位置に装着したリヤビューカメラに比べて、より高い位置(ルーフ位置)からの視点で、より広範囲に後方を確認することが可能。カメラは、水平画角110°、垂直画角80°でカメラの角度調整もできます。

価格は、艶消し黒塗装タイプの「RCK-91J3」が税込2万7280円(税別2万4800円)。ボディ同色塗装タイプの「RCK-91J3」が税込3万3880円(税別3万800円)。

データシステム ハイマウントリヤカメラキット
リヤカメラとハイマウントリヤカメラキットによる映像の違い

なお、後者のボディ同色塗装タイプは、データシステムのウェブショッピング限定商品になります。

塚田 勝弘

【関連リンク】

データシステム
https://www.datasystem.co.jp/products/rck-highmount/index.html

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。