トヨタ製ディスプレイオーディオに外部入力端子を追加できるビデオ入力キット「VIK-T74」が新登場

■トヨタ・アルファード/ヴェルファイア、カローラ、ヤリスなどに対応

純正、市販ともに従来型のカーナビの人気は根強いものの、年々存在感を増しているのがディスプレイオーディオです。純正でも一般的になりつつあります。

中でもトヨタは、現行カローラ以降、ディスプレイオーディオの純正化(ディーラーオプションなどで従来型のカーナビも用意)を進めています。

データシステム VIK-T74
データシステムのビデオ入力キット「VIK-T74」

そんな中、データシステムは、トヨタのディスプレイオーディオに外部入力端子を追加できる「VIK」シリーズを展開しています。今回、この「VIK」シリーズの新ラインナップとして「VIK-T74」が新たに発売されました。

「VIK-T74」は、ディーラーオプションのCD/DVDデッキを装着したディスプレイオーディオに外部入力端子を追加できるアイテム。同梱のAVセレクターにより、2台までAV機器を接続することができます。

データシステム VIK-T74
スマホやタブレットの動画コンテンツも楽しめる

「VIK-T74」により、ディスプレイオーディオでスマホやタブレットをはじめ、ブルーレイプレーヤーやゲーム機などの映像コンテンツを楽しめるようになります。

HDMI変換アダプターの「HDMI433」も組み合わせれば、iPhoneやAmazon Fire TVを接続して映像を楽しむことも可能。

ビデオ入力キットの「VIK-T74」の価格は、1万8000円(税別)となっています。

データシステム VIK-T74
「VIK-T74」の適合車種

塚田勝弘

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。