「FIT e:HEV」が足だけで運転可能な「Honda・フランツシステム」の架装に新たに対応

■両上肢の不自由な人が両足だけで運転操作できる「Honda・フランツシステム」

2021年11月4日、ホンダアクセスは「FIT e:HEV」が「Honda・フランツシステム」の架装に対応し、同日発売したことを発表しました。

「Honda・フランツシステム」は、両上肢の不自由な人が両足だけで運転操作できる運転補助装置で、車両製造を含めた受注生産になります。

ホンダ・フィット
「FIT e:HEV」が「Honda・フランツシステム」の架装に対応

この「フランツシステム」は、1965年にドイツで開発されて以来、ヨーロッパで高い評価を得てきたそうです。

なお、以前お伝えしたように、マツダの手動運転装置付き「MAZDA MX-30 Self-empowerment Driving Vehicle」が採用するステアリングのリンク機能により、両腕だけで運転できる方式も欧州では主流だそうです。

ホンダ・フィット
シフト操作も足で行う

福祉先進地域といわれる欧州は、ハンディキャップがある方でも自ら運転して移動する自由を日本などよりも享受してきた印象を受けます。

ホンダでは1981年に「フランツシステム」の開発者であるフランツ氏から技術指導を直接受け、さらに独自技術を加えて1982年に国内で初めてフランツシステムを販売。現在、日本で唯一のフランツシステム適用(ホンダアクセス調べ)が行われています。

「Honda・フランツシステム」は、「FIT e:HEV HOME」と「FIT e:HEV CROSSTAR」に設定されていた専用のタイプカラーの車両へ架装が可能になります。

ホンダ・フィット
足用シフトペダル

「足用ステアリングペダルユニット」「足用コンビネーションスイッチ」が基本の標準装備で、「足用シフトペダル」「パッシブシートベルト(自動装着式シートベルト)」「フロアカーペットマット(フランツシステム用)」を「Honda・フランツシステム」専用オプションとして設定。

ホンダ・フィット
足用ステアリングペダルユニット(ステアリングギアボックス)

また、発売にあたり「Honda・フランツシステム」による免許取得を希望されるユーザーへのサポートも用意されます。

これまでは教習時にユーザー自身が車両を持ち込み行っていましたが、今回「Honda・フランツシステム」教習車の貸出しもスタート。なお、貸出時の車両輸送費などは、ユーザーの負担になります。

Honda・フランツシステム装着車(車両+標準装備 足用ステアリングペダルユニット/足用コンビネーションスイッチ)の価格は、「FIT e:HEV HOME FF」が354万2000円。「FIT e:HEV HOME 4WD」が372万2000円。「FIT e:HEV CROSSTAR FF」が379万2000円。「FIT e:HEV CROSSTAR 4WD」が397万2000円。

また、メーカーオプションの「足用シフトペダル」は25万円、「パッシブシートベルト(自動装着式シートベルト)」は32万8000円。ディーラーオプションの「フロアカ―ペットマット(フランツシステム用)」は、1万6000円です。

ホンダ・フィット
オプションのパッシブシートベルト(自動装着式シートベルト)

塚田 勝弘