初代の美しいデザインが時代を超えて蘇る!? 日産がEV版「シルビア」のスケッチを公開!

■フェアレディのシャシーにクーペボディを架装

日産自動車が先頃、初代シルビアを彷彿させるEV版「シルビア」のスケッチを公開しました。

日産が公開したEV版「シルビア」のデザイン・スケッチ

初代シルビア(CSP311型)は日産自動車が1965年(昭和40年)4月に2代目ダットサン・フェアレディのシャシーをベースに90psを発生する1.6L OHVエンジンを搭載して発売した2ドアクーペで、「Crisp Cut」(クリスプカット)と称するデザインアイテムを採り入れた美しいモデルでした。

車体サイズは全長3,985mm×全幅1,510mm×全高1,275mm、ホイールベースが2,280mmで、車重は980kgと軽量。

初代日産シルビア(2ドアクーペ)の外観。エクステリア・デザインに「クリスプカット」を導入。

フロントサスにダブルウイッシュボーン式を採用するとともに、同社初となるディスクブレーキを装備しており、4MTを介して最高速度は165km/hに達しました。

生産は日産自動車の協力工場である現在の(株)TONOXが担当していましたが、手作り工程が多く車両価格が120万円と60年代当時としてはかなり高額だったこともあり、発売から3年後の1968年には総生産台数僅か554台で絶版となっています。

その後「シルビア」は2代目(S10型)が1975年に復活を果たし、7代目(S15型)まで開発されましたが、2002年に販売終了後、19年間に渡って姿を消したままとなっています。

●インテグラに続き、「シルビア」も復活なるか?

今回、EV仕様のデザインを手掛けたのは、欧州日産のデザイン担当副社長であるマシュー・ウィーバー氏で、本社から日産の歴史に関連したEVのデザインを依頼された際に、初代シルビアをベースにすることを思いついたそうです。

日産が公開したEV版「シルビア」のデザイン・スケッチ

同氏によると、「初代シルビアは時代を先取りした高品質で普遍的な魅力を持っており、グローバル製品に相応しい素晴らしいデザイン」と絶賛。

シルビアをリ・デザインするにあたり、初代モデルに敬意を払い、アッパー/アンダーボディ間を走るラインを際立たせるように配慮したと言います。

日産が公開したEV版「シルビア」のデザイン・スケッチ

サイドウインドウ廻りのグラフィックを踏襲するとともに、同車の特徴であるシャープな面構成をさらに強調することで、EVらしいクリーンな造形を目指したそうで、今回公開されたスケッチは正に初代モデルの進化版とも言える仕上りになっています。

またフロント廻りでは半円型の4灯式ヘッドランプが採用されており、リヤ廻りでは細幅のLED式テールランプが見てとれます。

インテグラの2022年復活が公表され、MR2後継モデルの登場なども噂されるなか、エンジンやラジエター、テールパイプなどに代わり、モーターやバッテリー、インバーターなどを搭載した新生「シルビア」の登場に期待が高まります。

(Avanti Yasunori)

【関連記事】

トヨタが「Z」の対抗馬としてMR2後継ミッドシップスポーツを開発中!?
https://clicccar.com/2021/10/27/1128444/

次期トヨタ「クラウン」が高級サルーンの歴史を塗り替える?人気の「クロス」も登場か!?
https://clicccar.com/2021/10/25/1127732/

いまチェックすべき最新のクルマ5選! 東京モーターショー2021に出展されるはずだった車種も?
https://clicccar.com/2021/10/15/248950/

クロスシリーズ第3弾!トヨタ「アイゴ クロス」の初ティザー画像公開
https://clicccar.com/2021/10/10/1123598/

2022年「インテグラ」復活。ついに3代目“インテR”が登場する!?
https://clicccar.com/2021/08/23/1110335/

【関連リンク】

㈱TONOX
https://tonox.jp/20211020/blog119/

この記事の著者

Avanti Yasunori

Avanti Yasunori 近影
大手自動車会社で人生長きに渡って自動車開発に携わった後、2011年5月から「clicccar」で新車に関する話題や速報を中心に執筆をスタート、現在に至る。幼少の頃から根っからのクルマ好きで、免許取得後10台以上のクルマを乗り継ぐが、中でもソレックスキャブ搭載のヤマハ製2T‐Gエンジンを積むTA22型「セリカ 1600GTV」は、色々と手を入れていたこともあり、思い出深い一台となっている。趣味は楽器演奏で、エレキギターやアンプ、エフェクター等の収集癖を持つ。