クロスシリーズ第3弾!トヨタ「アイゴ クロス」の初ティザー画像公開

■11月上旬に欧州でワールドプレミア予定

トヨタ自動車が10月5日(現地時間)、ヤリス クロスの弟分にあたる小型クロスオーバー「アイゴ クロス」のティザー画像を公開しました。

トヨタ「アイゴ クロス」のティザー画像

同社の欧州部門が本年3月に公開したコンセプトモデル「アイゴ X プロローグ」がベースになっており、画像からは個性的なテールランプの一部や、“AYGO X”のエンブレム ロゴが見てとれます。

トヨタモーターヨーロッパが計画からデザイン、開発、設計、製造に至るまで一貫して担当した初のモデルで、欧州の都市部や郊外などにおけるユーザーの使用環境を念入りに調査して開発したそうです。

トヨタ「アイゴ クロス」のコンセプトモデル

同社によると、「X」を“クロス”と発音するそうで、ヤリスやヤリス クロスと同様、TNGA(Toyota New Global Architecture)「GA-B」プラットフォームを採用。事実上、ヤリス クロスカローラ クロスに続くクロスシリーズ第3弾となります。

ちなみに、コンパクトカー「アイゴ(AYGO)」はトヨタ・プジョー・シトロエンの共同開発により2005年に初代モデルが誕生して以来、トヨタのエントリーモデルとして2代に渡り、遊び心や楽しさなどを打ち出したモデルとして欧州のユーザーに支持されてきました。

トヨタ「アイゴ クロス」のコンセプトモデル

コンセプトモデルは、前後フェンダーが大胆に張り出したヤリスにも通じるボリューミーな造形が特徴で、コンパクトながらもクロスオーバータイプのエクステリア・デザインを採用。

個性的なフロントマスクが目を惹く魅力的なモデルに仕上がっており、量産モデルへの展開が期待されます。

トヨタ「アイゴ クロス」の開発陣

コロナ禍の環境下、専任チームはリモートワークも併用しながらハンドスケッチからデジタルスケッチ、モデリング、バーチャルリアリティによるシミュレーションを経てクレイモデルを製作。Aセグメントにおいて、どのようにスパイスを効かせることができるかを探りながら、大胆にデザイン作業を進めたそうです。

完成したコンセプトモデルには、唐辛子をモチーフとしたボディカラー「スパークリングチリレッド」が採用されました。

トヨタ「アイゴ」を生産するチェコのコリーン工場

ED2社長のイアン・カルタビアーノ氏は、「ED2チームがアイゴ X プロローグを生み出したことを誇りに思うとともに、同車がこのセグメントに革命をもたらすのを楽しみにしています」とコメントしています。

トヨタ「アイゴ クロス」のコンセプトモデル

新型「アイゴ クロス」は現行アイゴの生産工場である、チェコのコリーン工場で生産予定。

トヨタは現行アイゴ同様、新型においてもリーズナブルな車両価格を維持する旨をアナウンスしており、実現すればヤリス クロスの弟分として大きな注目を集めそうです。

Avanti Yasunori

【関連記事】

“Vaundy”の新曲を起用した「カローラ クロス」の見どころはココ!
https://clicccar.com/2021/09/27/1120042/

ヤリスクロスに「アドベンチャー」グレード登場! 気になる国内モデルとの違いは?
https://clicccar.com/2021/04/10/1073826/

この記事の著者

Avanti Yasunori

Avanti Yasunori 近影
大手自動車会社で人生長きに渡って自動車開発に携わった後、2011年5月から「clicccar」で新車に関する話題や速報を中心に執筆をスタート、現在に至る。幼少の頃から根っからのクルマ好きで、免許取得後10台以上のクルマを乗り継ぐが、中でもソレックスキャブ搭載のヤマハ製2T‐Gエンジンを積むTA22型「セリカ 1600GTV」は、色々と手を入れていたこともあり、思い出深い一台となっている。趣味は楽器演奏で、エレキギターやアンプ、エフェクター等の収集癖を持つ。