日産・シルビア、15年ぶりに復活へ。次世代「VC-T」エンジン搭載か!?

かつて一世を風靡した日産のスペシャリティ・2ドアクーペ『シルビア』が、コンセプトモデルとして10月の東京モーターショーへ出展される可能性が期待されています。

シルビアは1965年、2ドアノッチバッククーペとして初代が登場。1975年の2代目、デートカーとしての地位を築いた1979年の3代目を経て、1999年の7代目へと受け継がれましたが、2002年に惜しまれつつも生産終了となっていました。

しかし、10月に開催される東京モーターショーに日産がスペシャリティ2ドアクーペのコンセプトモデルを初公開するという情報があり、それが2018年にシルビアとして復活、発売される可能性があるといいます。

そこでシルビア次期型の予想CGを作成しました。

スポーテイ&スペシャリテイをコンセプトに、直線と曲面を融合させたデザインを特徴とし、日産Vモーショングリルを大型化、スカート部にはカーボンを使用しています。屋根は大胆な全面グラスルーフとし、フェンダーやフロント吸気口もワイドに迫力感を出しました。ヘッドライトは、「S15型」最終モデルからインスピレーションを得た薄くシャープなデザインとしています。

「S16型」となる次期型パワーユニットは、日産の高級車ブランド「INFINITY」(インフィニティ)が2016年のパリモーターショーで公開した、世界初の次世代量産型可変圧縮比エンジン「VC-T」が有力です。2リットル直列4気筒ガソリンターボであるこの新エンジンは、パワーと高トルクを持つと共に高燃費も実現、環境にも特化した高性能エンジンです。

2018年から量産車へ搭載していくとされ、インフィニティのクロスオーバーSUV「QX50」新型へ採用される可能性が高いですが、シルビア次期型への流用にも期待したいものです。

(APOLLO)

『日産・シルビア』の最新記事

「シルビア」復活!? 後継モデルは発売されるのか
86/BRZは値落ちするも、絶版車のS15シルビアが値上がりする3つの理由とは?【中古車選び】
’80年代末に登場した当時憧れの日産車デザインを振り返る !
初心者にこそ乗ってほしい! 免許を取ったら乗りたい入門クルマベスト3!!(トヨタ・日産・ホンダ編)

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事