新たなティザーイメージを撮影中!? BMWハードコアワゴン「M3ツーリング」、ニュルに出現

■空の色と高速走行によりブレーキキャリパーが赤く鮮やかに光っているよう!

BMWは現在、ハードコアモデル「M3」史上初となる派生ワゴン「M3ツーリング」を開発していますが、その最新プロトタイプをカメラが捉えました。

BMW M3ツーリング_010
BMW M3ツーリング 市販型プロトタイプ

今回目撃した2台のプロトタイプは、どちらもナンバー「2288」を付けています。実はこの「2288」プレートは、これまでも異なるプロトタイプが付けており、BMWが複数の車両に同じナンバープレートを使用していることがわかります。

BMW M3ツーリング_009
BMW M3ツーリング 市販型プロトタイプ

あたりが暗くなってから現れたプロトタイプは、カメラマンにより何かの撮影中とみられます。カモフラージュされているプロトタイプのため、CMやカタログ撮影ではなく、ティザーイメージの撮影の可能性もありそうです。

また、高速テスト中のプロトタイプは、暗がりの中の高速走行によりブレーキキャリパーが赤く鮮やかに光っているように見えます。

また「M3 セダン」と同様に巨大キドニーグリルやアグレッシブなフロントバンパー、後部ではL字型テールライトやクワッドエキゾーストパイプを装備、長いルーフとDピラー以降がツーリング専用デザインとなっています。

M3セダンのパワートレインは、3.0リットル直列6気筒「S58」ツインパワーターボエンジンを搭載、最高出力480ps・最大トルク550Nmを発揮、またコンペティションでは最高出力510ps・最大トルク650Nmを発揮します。

BMW M3ツーリング_005
BMW M3ツーリング 市販型プロトタイプ

一方ツーリングは、四輪駆動の「xDrive」を採用するコンペティションのみの設定になるのか、後輪駆動のベースモデルと両方をラインアップするかは不明で、トランスミッションは8速Mスポーツトランスミッションが予想されていますが、3ペダルも期待できるといいます。

ニュル入りしたM3プロトタイプは、公式ラップを公開する準備をしており、2017年にメルセデス AMG「E63 S 4Matic+」が記録した7分45秒19の更新を狙っている可能性もありそうです。

M3ツーリングのワールドプレミアは、2022年後半と予想されます。

(APOLLO)