間もなくデビュー!マツダ新型SUV「CX-50」、これが市販型デザインだ!

■存在感のある五角形ドットグリルやスリムなヘッドライトを装備

マツダが開発を進める新型クロスオーバーSUV、「CX-50」市販型の予想CGを入手、公開に先駆けてプレビューします。

マツダ CX-50_001
マツダ CX-50 予想CG

マツダは2022年以降のクロスオーバーSUV計画として「CX-50」「CX-60」「CX-70」「CX-80」「CX-90」を新たに導入することを発表していますが、CX-50はCX-5のボディを拡大、その第一弾としてデビューします。マツダは直列6気筒の後輪駆動「Largeアーキテクチャ」を順次採用していきますが、CX-50は含まれず、CX-60から上が後輪駆動ベースとなります。

マツダ CX-50_002
マツダ CX-50 予想CG

ロシアの自動車情報サイト「KOLESA.RU」から提供された予想CGでは、存在感のある五角形ドットグリルを装備、L字型のツインLEDデイタイムランニングライトを備えるスリムなヘッドライトが確認できます。またバンパー両サイドには縦型インテークを配置、スポーティな仕上がりが見てとれます。

リアエンドにはCX-30に似たLEDテールライトを装備しますが、より躍動感のあるハッチゲートデザインが描かれています。キャビン内では最新鋭のデジタルインストルメントクラスターや大型インフォテインメントディスプレイの採用が濃厚です。

マツダ CX-5
マツダ CX-5

パワートレインは最高出力187psを発揮する2.5リットル直列4気筒「SKYACTIV-G」+48Vマイルドハイブリッド、最高出力226psを発揮する2.5リットル直列4気筒ターボチャージャー「SKYACTIV-G」、そして2.2リットル直列4気筒ディーゼル「SKYACTIV-D」のラインアップが予想されます。

CX-50のワールドプレミアは、11月18日から開催されるロサンゼルスモーターショーが有力です。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?