所有すること、走ること。すべてにこだわったMAXシリーズの中核モデル【ヤマハ XMAX・概要編】

■ヤマハMAXシリーズの中核マシン

ヤマハのスクーターといえば、1995年に発売され、その後一大ブームを巻き起こしたビッグスクーターの代名詞、あのマジェスティを思い浮かべる人も多いことでしょう。

XMAX
全長2185mm、車両重量179kg。迫力満点のボディを最高出力23psの水冷SOHC4ストローク単気筒249ccエンジンがパワフルに引っ張ります。

全国を席巻したビッグスクーターブームが沈静化すると、ヤマハのスクーターは500ccオーバーの大型エンジンを搭載したTMAXをフラッグシップとするMAXシリーズを中心に展開されるようになりました。

マジェスティと同じ250ccエンジンをその胸に抱くXMAXは、MAXシリーズの中核を担うマシン。そして実質的なマジェスティの後継車だといっても過言ではありません。

XMAX
タイトなワインディングでは、初期のマジェスティを思わせるスポーティな走りがひときわ輝きます。

ちなみにXMAXの車名はもともと海外市場で使われていたもので、今でも海外仕様のXMAXには、400、300、125などの排気量バリエーションがあります。

しかし、国内版は250ccクラスだけなので、国内ではこのマシンのことを「XMAX」と呼んでいます。

●すべてがクロスする未来志向のマシン

XMAXのキャッチコピーは「走りとスタイルのクロス。血統と革新のクロス」。

所有すること、乗ること、走ることのすべての面にこだわって作られたバイクです。豪華で上質な装備を誇っているのはもちろんですが、なによりも流麗で有機的なスタイリングと逞しい走りに、その設計思想がよりよく現れています。

XMAX
スクーターの枠をこえたXMAXの走りが、ライダーをまだ見ぬ土地へのロングランにいざないます。

とくに躍動感あふれるスタイリングは、特筆すべきXMAXの個性。ただコンサバティブなだけではなく、ただアバンギャルドなだけでもなく、それらをけっして破綻させることなくみごとに調和させた美しいデザインを誇っています。

XMAX
複雑にうねるラインが躍動感とパワーを表現する美しいサイドビュー。

XMAXのサイドビューには、前後ホイールの間にブーメランにも似た特徴的なアーチが構成されていることにお気づきでしょうか? ボディからエンジンユニットへとなだらかにつながり、どこかロードスポーツ・バイクのフレームを思わせるこのアーチは、たんにXMAXのサイドビューを飾る気の利いたアクセントとして作られたものではなく、XMAXが誇るしなやかな走りの表現そのものだと受け取ることができるでしょう。

XMAX
ハードランから高速クルージングまで、幅広いシチュエーションで高いパフォーマンスを発揮するマシンです。

●ブルーコアがひらく走りの世界

いっぽうライディングパフォーマンスにも、妥協はまったくありません。

XMAXの走りは、やはり何よりも249ccのBLUE COREエンジンの搭載によって実現しています。ヤマハが提唱するエンジン設計思想「ブルーコア」は、エンジンの燃焼効率や冷却性能をぎりぎりまで高め、ロスを低減することによってエンジンの本質的な性能を高めようとする考え方。

その地道な努力の積み上げによって生み出された、いわば「ほんとうに素性のいい」エンジンがベースになっているからこそ、XMAXに最もふさわしいチューニングを施すことができ、走りの良さと環境性能の両立も可能となるのです。

XMAX
XMAXは、MAXシリーズの熱きプライドを背負い、なお革新の道を走り続けます。

XMAXは、MAXシリーズのDNAを色濃く受け継ぎながら、新しいデザインを身にまとい、次世代エンジンをその胸に抱いて走る革新的なマシン。XMAXが私たちライダーにどんな新しい風景を見せ、どんな新しい体験を与えてくれるのか、期待はふくらむばかりです。

【ヤマハ XMAX 主要諸元】
全長×全幅×全高:2185mm×775mm×1415mm
シート高:795mm
エンジン種類:水冷4ストロークSOHC4バルブ単気筒
総排気量:249cc
最高出力/最大トルク:17kW/2.4kgm
燃料タンク容量:13L
タイヤ(前・後):120/70-15・140/70-14
ブレーキ:前後油圧式シングルディスクブレーキ(ABS)
メーカー希望小売価格:65万4500円(税込)

(写真:高橋 克也/文:村上 菜つみ

【関連リンク】

ヤマハ XMAX Official Site
https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/xmax/

村上菜つみさんがヤマハ・XMAXで出かけたツーリング記事は、月刊誌「モトチャンプ」2021年7月号(6月5日発売)に掲載されています。

モトチャンプ2021年7月号