VWゴルフの兄弟・シュコダ「スカーラ」改良型、車内はハイテク仕様に!

■より大きなインフォテインメントユニットやデジタルゲージクラスターなど装備

シュコダの欧州Cセグメントハッチバック「スカーラ」の改良型プロトタイプをカメラが初めて捉えました。

シュコダ スカーラ_002
シュコダ スカーラ 改良型プロトタイプ

初代となる現行型スカーラは、2018年に「Rapidm」後継モデルとして登場したばかりのニューモデルです。VWグループの「MQB」プラットフォームを使用し、「ゴルフ」やアウディ「A3」と兄弟モデルとなっています。

シュコダ スカーラ_016
シュコダ スカーラ 改良型プロトタイプ

アルプスで捉えたプロトタイプはボディ前後をカモフラージュ、ヘッドライトが新設計されているほか、グリルとバンパーも微調整されているはずです。

後部ではハッチウィンドウが隠されており、大きな変更がなされる可能性もあるでしょう。テールライトは同じ形状に見えますが、内部のグラフィックスがリフレッシュされると予想されます。

ホイールには、搭載システムの正確なキャリブレーションを可能にするセンサーが取り付けられています。

キャビン内にも注目で、より大きなインフォテインメントユニットやデジタルゲージクラスターなどが予想され、大幅な進化がみられそうです。

ベースモデルのパワートレインには、ガソリンエンジンとマニュアルギアボックスが搭載されますが、上位モデルには7速ツインクラッチDSGユニットが採用されます。

シュコダ スカーラ改良型のワールドプレミアは、2022年前半が有力です。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?