テーマは「スクールバス」!? メルセデス・ベンツ Gクラスの最新カスタムが登場

■キャビン内にもイエローをあしらったシートベルトやシートの装飾ステッチなどを装備

ドイツのチューニングメーカー「G&B Desing」社は、メルセデス・ベンツの新ワイドボディキット「G-Boss」を発売しました。

メルセデス・ベンツGクラス_007
メルセデス・ベンツGクラス カスタムカー G & BDesing 「G-Boss」

メルセデス・ベンツは先日、人気オフローダー「Gクラス」に、より多くのオフロード機器を追加したプロフェッショナルラインキットを備えたGクラスMY2022を発売したほか、IAAモビリティ2021にて初のエレクトリックバージョンを公開しましたが、今度は一風変わったカスタムカーが登場です。

メルセデス・ベンツGクラス_014
メルセデス・ベンツGクラス カスタムカー G & BDesing 「G-Boss」

2018年から発売されている「W463」型で利用可能なアップグレードキットは、エッジの効いたフロントエプロン、より立体感のあるボンネットフード、新設計されたラジエターグリル、ダーク仕様のヘッドライトなどが追加されています。

イエローのアクセントをあしらったフロントリップスポイラーは、フェンダーを跨ぎサイドスカートと視覚的に接続、スペアタイヤカバーとミラーキャップは高品質のカーボンファイバーで包まれています。

メルセデス・ベンツGクラス_006
メルセデス・ベンツGクラス カスタムカー G & BDesing 「G-Boss」

そのほか興味深いのは、統合された3つのLEDユニットを備えたスタイリッシュなルーフスポイラーですが、「G-Boss」のフロントマスクを考慮すると、このスポーティなデザインは微妙かもしれません。

最大の注目はソーラービームセミグロスに仕上げられたイエローボディです。同社では「スクールバス」をテーマにしたといいます。

キャビン内の詳細画像はありませんが、イエローをあしらったシートベルトやシートの装飾ステッチなどを装備しているほか、シートとドアパネルはダイヤモンドパターンで良い感じに仕上げられています。また天井に輝く「G-Boss」ライトはムード満点です。

パワートレインに変更はありませんが、W463世代のすべてのGクラスに設定可能だといいます。

(APOLLO)