三菱の新型アウトランダーがアメリカのIIHSの安全性評価で最高評価の「TSP+」を獲得

■耐衝撃性能試験、前面衝突予防試験、ヘッドライト性能試験で高い評価を獲得

三菱自動車の最上級クロスーバーSUVである新型アウトランダーをマイカーにされている方も多いでしょう。以前お伝えしたように、日本国内向けは、PHEVモデルの今冬の日本発売がアナウンスされています。

その新型アウトランダーのガソリンエンジンモデルが、「米国道路安全保険協会(IIHS)」の安全性評価において、最高評価である「トップセーフティピックプラス(TSP+)」を獲得しました。

三菱アウトランダーPHEV
今冬日本に投入される予定の新型アウトランダーPHEV

今回の「TSP+」という最高評価は、ヘッドライトの光軸調整が行われた2021年6月以降に生産された米国仕様車が対象。新型アウトランダーは、「IIHS」の耐衝撃性能試験、対車両と対歩行者での前面衝突予防試験、ヘッドライト性能試験において、高い衝突安全性能と予防安全性能が評価されています。

新型アウトランダー
アメリカ市場向けの新型アウトランダー

新型アウトランダーは、2021年4月に北米で発売され、数々の先進安全技術が搭載されています。

高速道路同一車線運転支援技術「MI-PILOT(マイ・パイロット)」は、レーダークルーズコントロールシステムと車線維持支援機能が統合された制御で、車間距離と車線中央付近をキープしながらの走行をサポート。また、「ナビリンク」機能搭載車は、地図上のカーブ情報を活用し、自動で速度を調整。運転操作の負担軽減に寄与します。

ほかにも、衝突被害軽減ブレーキシステム、前方衝突予測警報、後側方衝突防止アシスト、車線逸脱警報システム、車線逸脱防止支援機能など、多数の予防安全機能が用意されています。また、同社独自の衝突安全強化ボディ「RISE」と、運転席のフロントセンターエアバッグやセカンドシートのサイドエアバッグを含む計11個のエアバッグなどにより、安心、安全な運転をサポート。

こうした安全装備は、グレードや市場によって異なる場合があり、そのまま日本仕様に反映されるか現時点では不明ですが、日本向けも先進安全装備が用意されると思われます。

塚田 勝弘

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。