フォードの欧州Cセグメント王者「フォーカス ワゴン」改良型、ついに最終ユニット装着!

■4つの長方形LEDユニットとそれを囲むLEDデイタイムランニングライトを確認

フォードの欧州Cセグメントベストセラー「フォーカス ワゴン」改良型の最新プロトタイプをカメラが捉えました。

フォード フォーカスワゴン_003
フォード フォーカスワゴン 改良型プロトタイプ

第4世代のフォーカスは2018年に発表。VW「ゴルフVIII」、ホンダ「シビック」、プジョー「308」、オペル「アストラ」など、競合ひしめくセグメントにあり、テコ入れが急務となっています。

先日はフォーカス ハッチバックをキャッチしましたが、ワゴンも最終コンポーネントを装着、ワールドプレミアへ着々と準備が進められているようです。

フォード フォーカスワゴン_015
フォード フォーカスワゴン 改良型プロトタイプ

カモフラージュされたプロトタイプから、デザインの変更はバンパー、ヘッドライト、ボンネットなどフロントエンドを中心に、後部ではテールライトやバンパーなどが新設計されていることがわかります。

クローズアップで激写したヘッドライトには、ハッチバック同様に4つの長方形LEDユニット、それを囲むLEDデイタイムランニングライトが見てとれます。フロントバンパーには、グリルとインテークの新しい形状を隠すプラスチックカバーが装着されています。

後部ではLEDテールライトの下部分が初めて露出、全体的に丸みを帯びたアウトラインにリフレッシュされているほか、ハッチバックとは異なるバブルルーフや、ルーフレールを装備し差別化されていることもわかります。

フォード フォーカスワゴン_012
フォード フォーカスワゴン 改良型プロトタイプ

キャビン内では、新しいトリムオプションに含まれる、より多くの接続されたサービスと、ADASシステムを備える更新された大型インフォテイメントタッチスクリーンが採用される可能性もありそうです。

パワートレインでは電動化も加速、マイルドハイブリッドの「EcoBoost」エンジンをキャリーオーバーするほか、同じプラットフォームをベースとする「Kuga」と同様にフルハイブリッド、またはプラグインハイブリッドを追加設定する可能性があります。

これにより、プジョー「308PHEV」やVW「ゴルフeHybrid」に対抗していくことになると思われます。

フォーカス ワゴン改良型のデビューは2021年内、あるいは2022年初頭と予想されています。

APOLLO

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?