フォルクスワーゲン・T-Rocカブリオレ改良型、フルヌード姿を大胆露出

■統合されたLED備える新ヘッドライト装備、グリルもスポーティに

フォルクスワーゲン(VW)のコンパクトSUV「T-Roc」に設定されている派生オープン、「T-Rocカブリオレ」改良型プロトタイプを、カメラがはじめて捉えました。

VW T-ROC_001
VW T-ROC カブリオレ 改良型 プロトタイプ

T-Rocは2014年のジュネーブモーターショーでコンセプトカーが初公開され、2017年にブランド第4のクロスオーバーSUVとして販売されました。その後2019年にカブリオレが発表、2ドアソフトトップを持つ数少ないクロスオーバーSUVとして販売されており、これが初の改良型となります。

VW T-ROC_010
VW T-ROC カブリオレ 改良型 プロトタイプ

同社のあるヴォルフスブルク本社付近の田園地帯で捉えたプロトタイプは、ほぼフルヌード状態といっていいでしょう。

フロントエンドには、統合されたLEDデイタイムランニングライトを備える新しいヘッドライトを装備、グリルは2本の水平バーからスポーティなシングルデザインに変更されています。

その下にはLEDリング形状が変更され、ワイドエアインテークもハニカムメッシュに刷新されていることがわかります。後部では、リアバンパーがリフレッシュされ、LEDテールライトもグラフィックが新設計されている様子がうかがえます。

パワートレインは、最高出力115psを発揮する1.0リットル直列3気筒TSIエンジン、最高出力150psを発揮する1.5リットル直列4気筒TSIエンジンが引き続きラインアップされると予想されています。

T-Roc改良型の市場投入は2022年初頭と思われ、ポルシェ「ケイマン」と並んでドイツのオスナブリュックにあるVWの工場で生産予定です。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?