スバル・フォレスターがマイナーチェンジ。SUVらしい迫力ある顔つきに変身し「新世代アイサイト」の採用で安全性も向上

■アレイ式アダプティブドライビングビームや本革シートを設定

SUBARU(スバル)の人気SUVであるフォレスターが、2021年8月19日にD型にアップデートしました。

現行フォレスターは、5代目で2018年6月に発表。取り回しのよさとキャビン、ラゲッジスペースの広さを両立したパッケージングをはじめ、e-BOXERも設定されるなど、安全装備も含めてSUBARUの最新技術が採用されています。

SUBARUフォレスター
マイナーチェンジを受けたSUBARUフォレスター

大幅改良の目玉は、同社のデザインコンセプトである「DYNAMIC×SOLID」をアップデートさせた「BOLDER」思想による顔つきや新デザインのアルミホイールを用意。ほかにも、ロープホール付ルーフレール(全グレード拡大展開)、新ボディカラーの3色を追加。

SUBARUフォレスター
マイナーチェンジを受けたSUBARUフォレスターのリヤビュー

こうしたエクステリアデザインのリフレッシュで、よりSUVらしい迫力ある佇まいになっています。

一方のインテリアには本革(ナッパレザー)シートが設定され、高級志向に応えています。

また、走りでは全グレードで足まわりが改良され、しなやかさとスポーティさを高い次元で両立したとしています。さらに、アダプティブ変速制御「e-アクティブシフトコントロール」をe-BOXER搭載車全グレードに拡大。

SUBARUフォレスター
「アイサイト」のステレオカメラ認識範囲イメージ

安全性能では、「新世代アイサイト」が搭載され、ステレオカメラの広角化やソフトウェアの改良が施されています。アレイ式アダプティブドライビングビームの新採用も含めて、これまで以上に幅広いシーンで安全運転、快適なドライブをサポート。

機能面では、アダプティブ変速制御「e-アクティブシフトコントロール」の搭載グレードが拡大されています。ほかにも「X-MODE」の新機能追加、制御変更も盛り込まれています。

SUBARUフォレスター
「Advance」のフロントシート

さらに、ドライバーモニタリングシステム「ジェスチャーコントロール機能」追加により操作性の向上が図られています。

価格は、2.0Lの水平対向4気筒DOHC直噴エンジン+モーターの「e-BOXER」を積む「Touring」が293万7000円、同じくe-BOXERの「X-BREAK」が308万円、「Advance」が317万9000円。1.8Lの水平対向4気筒DOHC直噴ターボ「DIT」を積む「SPORT」が330万円です。

塚田 勝弘