徹底的に軽量化されたマクラーレン765LTスパイダーが世界限定765台で受注開始

■電動リトラクタブルハードトップは11秒で開閉、50km/h以下なら走行中でも開閉可能

●マクラーレン765LTの価格は4950万円、世界限定765台のみ!

マクラーレン・オートモーティブは2021年7月27日に765LTスパイダーを発表しました。2020年に発売されたクーペ版の765LT(ロングテール)の世界限定765台は完売しています。

マクラーレン 765LTスパイダー
McLaren 765LT Spiderのリヤビュー

新型765LTスパイダーはマクラーレン史上最もパワフルなコンバーチブル。マクラーレン・ロングテールの特徴である徹底された軽量化やサーキット志向のダイナミクス、最適化されたエアロダイナミクスに加えて、クーペ仕様と遜色のない高性能が与えられています。765LTスパイダーも世界限定765台で、顧客によるオーダーで生産されます。

マクラーレン765LTスパイダー
765LTスパイダーの走行シーン

コンバーチブル化により重量は重くなっているものの、クーペ版よりもわずか49kgに抑えられています。765LTスパイダーの車両重量は、1388kg(DIN規格)。720Sスパイダーよりも80kg軽いなど、ライトウエイトへのこだわりが貫かれています。

また、カーボン・ファイバー製の電動リトラクタブルハードトップ(RHT)の開閉時間はわずか11秒で、50km/h以下なら走行中でも作動します。さらに、高い空力性能も特徴で、720Sスパイダーを25%上回るクラストップのダウンフォースを発生させるそう。

マクラーレン765LTスパイダー
McLaren 765LT Spiderのインパネ

技術面の見どころは、軽量化で、カーボンファイバー製の「モノケージII-S」が採用されている点です。クーペ用モノコックと同時期に開発されたそうで、ウインドウスクリーン・サラウンドを含め、ほとんどの構造部が共通しています。

構造的な強度と剛性に優れるため、クーペ仕様にブレースなどを追加する必要がなく、重量の軽量化に貢献。リヤには、カーボンファイバー製の支持構造がシャーシに接着接合され、横転時の保護機能を果たします。

コンバーチブルルーフのデザインも構造上、不可欠な役割を果たしています。リトラクタブルハードトップは、パネル内部にカーボンファイバー製のフレームが配置され、閉じるとフルカーボンファイバー製のセルを形成します。

こうした工夫により、乗り心地が向上したそうで、ほかにも一体型パネルで中央の継ぎ目がないため、頭上空間も広がったそう。また、ルーフパネルの全長が伸びたため、Aピラーの頂点が前方に移動し、ゆとりのあるキャビンと乗降性が向上。

搭載されるパワートレーンは、4.0LのツインターボV8エンジンで、最高出力は765PSを発生し、最大トルクは800Nmを誇ります。また、ドライバビリティとパフォーマンスをさらに高めるため、トランスミッションのギアレシオが見直されています。

0-100km/h加速はわずか2.8 秒(0-60mphは2.7秒)で、0-200km/h(124mph)加速は7.2秒、最高速は330km/h(205mph)に達します。

マクラーレン765LTスパイダー
McLaren 765LT Spiderのリヤビュー

エクステリアは、720Sよりも48mm長いフロントノーズが目を惹きます。アクティブリヤウイングも9mm延長され、全長は57mmストレッチしています。

アクティブリヤウィングは、見た目だけでなく効果も圧倒的だそう。720Sよりも前後に長く、高く、表面積が20%増加。位置が上がったことで、展開していない低速走行中でもダウンフォースが増えたそう。ドラッグの影響は最小に抑えられ、ダウンフォース・ドラッグ比(空力効率)も720Sから20%の向上をみています。

マクラーレン史上最もパワフルなコンバーチブルであり、ロングテールの系譜に加わる最新モデルの765LTスパイダーは、マクラーレンの正規販売代理店でオーダーを受け付けています。

マクラーレン765LTスパイダー
電動リトラクタブルハードトップを採用する

日本での価格は、4950万円で、カスタマーオーダーで世界限定765台のみ生産されます。なお、2021年生産分はすべて売約済みです。

塚田 勝弘