フロントフェイスを刷新!VW T-Roc改良型プロトタイプをキャッチ

■2層のハニカムインサートを備えた親設計のシングルスラットワイドグリルを採用

フォルクスワーゲン(VW)のコンパクト・クロスオーバーSUV、「T-Roc」改良型プロトタイプをカメラが初めて捉えました。

VW T-ROC_006
VW T-ROC 改良型

T-Rocは、2014年ジュネーブモーターショーにてコンセプトカーとして初公開、当初市販化はされない予定でしたが、2017年にブランド第4のSUVとして発売されました。今回が初の大幅改良となります。

ドイツのヴォルフスブルクにある同社工場付近で捉えたプロトタイプは、90%フルヌード状態と言っていいでしょう。

フロントエンドには、2層のハニカムインサートを備えた新設計のシングルスラットワイドグリルを採用、LEDデイタイムランニングライトはメインヘッドライトクラスタと統合されているようです。

VW T-ROC_010
VW T-ROC 改良型

バンパーもリフレッシュされているほか、コーナーエアインテークはコンパクトな設計となっています。さらにその下には刷新されたエアインテークとスキッドプレートを装備していることがわかります。

側面では、ホイールキャップ付きのスチールホイールを確認、サンルーフを装備してない点からも、エントリーバリエーションである可能性が高いと思われます。

後部は新グラフィックのLEDテールライトが見てとれます。ほかに変化はみられませんが、おそらく今後バンパーとスキッドプレートが刷新されると予想されます。

パワートレインは最高出力148psを発揮する1.5リットル直列4気筒ターボエンジン、最高出力188psを発揮する2.0リットル直列4気筒ターボエンジンなどがキャリーオーバーされる見込みで、すべて7速DCTユニットと組み合わされます。

T-Roc改良型のワールドプレミアは、2022年前半と予想されています。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?