ヤマハMT-07 ABSがマイナーチェンジ。エンジンを刷新し乗車ポジションもより乗りやすく!

■最新の排出ガス規制に対応する「CP2エンジン」を搭載

ヤマハ発動機は、ロードスポーツの「MT-07 ABS」をマイナーチェンジさせ、2021年7月28日に発売します。街に映えるスポーティなスタイルが魅力の「MT-07 ABS」は、コンセプトに「Accessible MT with a Fitter Body」を掲げています。幅広いライダーから支持を得ているという「CP2(クロスプレーン・コンセプトの2気筒)」エンジンの特性を継承しながら、新しいデザインが採用され、トータルパフォーマンスを向上。

ヤマハ MT-07 ABS
ヤマハのロードスポーツ「MT-07 ABS」がマイナーチェンジ

今回のマイナーチェンジでは、平成32年排出ガス規制に適合する「CP2エンジン」が搭載されています。従来型のエンジンをベースに、エアダクトをはじめ、排気系に新型の「2into1エキパイ・マフラー一体型」が採用されたほか、ECUの仕様変更、FIセッティング最適化などが盛り込まれています。これにより、スロットル微開の低速域でのリニアなレスポンス特性に磨きをかけられたそうで、最新の排出ガス規制適合化が図られたことになります。

ヤマハ MT-07 ABS
「CP2」エンジンが最新の排出ガス規制に対応した

ほかにも、耐摩耗性に優れたバルブシートの採用(排気側)や、トランスミッションのドッグ角変更により再加速時のダイレクト感の向上(2速・3速)も図られたそう。従来モデル比でトルク曲線が滑らかになり、優れた加速特性を実現したとしています。 また、最新の音響解析技術により排気系を最適化。とくに、低速低開度の時の音色を作り込み、270°クランクの「CP2」らしい力強い加速に貢献するパルス感のあるサウンドが得られたそう。

ヤマハ MT-07 ABS
MT-07 ABSのメーター表示

さらに、より快適でアップライトなライディングポジションを実現しているほか、バイファンクションLEDヘッドランプ(Hi-Lo一体)とLEDポジションランプ、フラッシャーランプを採用。また、次世代MTシリーズへ進化したスタイリングも見どころで、第3世代MTシリーズとしてスタイリングもアップデートされています。 ヘッドランプなど新しいデザインのコンポーネントを織り込みながら、最低限の構造体を魅力的なデザインで構成。さらに、ヘッドランプまわりの各パーツ類をエンジン中心方向に大胆に寄せ、MTらしい引き締まったイメージが再現されています。

ヤマハ MT-07 ABS
「MT-07 ABS」のサイドビュー

また、LEDポジションランプにイニシャル「Y」モチーフが配置され、第3世代MTシリーズの象徴になっています。 サイドビューでは、MTシリーズのトルク&パワー感を視覚的に強く訴えかけるために、エアフローの動きを取り込んだスタイリングを採用。一方、トップビューでは、空気を取り込み張り出したイメージのタンクカバーとライダーの自由な動きをサポートするスリムなシートエリアの対比によって大きな抑揚を生みだし、前に突き進むパワーを表現したそうです。なお、新作のLCDマルチファンクションメーターはコンパクトなデザインで、ネガティブ表示(表示文字が白、消灯時が黒)になります。今回、採用されたアップライトなライディングポジションは、燃料タンクカバーまわりのデザインが一新されたことで実現しています。燃料タンクカバーまわりを構成するパーツが従来の9個から8個に減り、フレームカバーをアルミダイキャストから樹脂製に変更。ニーグリップ部の形状と立体感は、スポーツ走行時のホールド感に貢献するそうです。

ヤマハ MT-07 ABS
こちらのカラーは「ディープパープリッシュブルーメタリックC」

また、新たにアルミ製テーパーハンドルが用意されています。左右幅を32mm広く、ハンドル高を12mm高く設定し、幅広い体格のライダーにフィットし、ゆったりとした乗車姿勢が確保されています。マイナーチェンジを受けた「MT-07 ABS」の価格は、81万4000円。カラーは、「パステルダークグレー」、「ディープパープリッシュブルーメタリックC」、「マットダークグレーメタリック6」が用意されています。

塚田勝弘