電動化されるスズキ スイフトスポーツ次期型、新開発プラットフォームでボディ拡大へ

■フロントグリルデザインはV型デザインに変更、トレッド拡大で3ナンバー化

スズキの世界戦略モデル、「スイフト」に設定されるハイパフォーマンス「スイフト スポーツ」次期型に関する情報を入手、その予想CGを製作しました。

スズキ スイフトスポーツ_005
スズキ スイフトスポーツ 次期型 予想CG

初代スイフトは「ワゴンR」とプラットフォームを共有、クロスオーバーテイストで2000年にデビュー、2004年にはグローバルモデルとして第2世代へバトンタッチされました。現行型となる第4世代は2016年にデビューしており、すでに5年が経過、新型モデルへの期待が高まっています。

スズキ スイフトスポーツ_002
スズキ スイフトスポーツ 現行型

次期型では、新開発プラットフォームを採用、軽量化されるとともにトレッドが拡大され、3ナンバー化されます。

エクステリアデザインは、LEDデイタイムランニングライトを際立たせたヘッドライトを採用、居住スペースを若干広げ、それに伴いCピラー部分を設けHBバックらしいリアデザインが予想されます。また、サイドのタイヤハウスには切れ込みを入れ、ワイド感を強調、ボンネットデザインは膨らみを持たせ、フロントは厚みをもちそうです。

フロントグリルデザインはV型デザインに変更、ヘッドライトにもその形状に合わせた分割デザインに。アンダーグリルは中央に同色フィンを取り入れた立体構造で、左右デュフューザーには大型フォグをビルトイン、デザインもバンパーに切れ込むラインを取り入れ、攻撃的な印象になると予想されます。

足回りでは、スポーツ専用にチューンされたサスペンション、高性能デュアルセンサーブレーキサポートが装備されます。またキャビン内では、より大型のタッチディスプレイ、最新鋭のヘッドアップディスプレイを搭載すると思われます。

スズキは2020年に海外向け「スイフト スポーツハイブリッド」を発表しました。これは1.4リットル直列4気筒ターボエンジン+ISG 48Vマイルドハイブリッドシステムですが、次期型では国内にも設定されそうです。

スイフト次期型は2022年夏、スイフトスポーツは2023年秋頃のデビューが期待できそうです。

APOLLO

『Scoop』の最新記事
起亜 スポーテージ_002
満を持して世界初公開。起亜のクロスオーバーSUV「スポーテージ」はアウトランダー風デイタイムランニングライトを装備
BMW 8シリーズ_005
内外刷新! BMW 8シリーズクーペが大幅改良へ
日産 フェアレディZ ティザーイメージ_001
8月17日デビューへ! 新型フェアレディZはスープラよりお得な385万円から

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事