F1スタイルのステアリングホイールを激写! メルセデスAMG ONE市販型、お値段3億円でも275台は完売

■F1技術を投入したブランド初の電動ハイパーカー、3億円で発売

メルセデスAMGが開発を進める「AMG Project ONE」市販型の最新プロトタイプを捉えるとともに、その車内を初めてカメラが捉えました。

メルセデス AMG ONE_007
メルセデス AMG ONE 市販型プロトタイプ

AMG Oneの噂をはじめて聞いたのは2016年8月で、1ヵ月後にはその事実を確認、そして4〜5年前に公式発表され、現在に至っています。

このプロジェクトはメルセデスAMG創業50周年を記念し、F1技術を投入したブランド初の電動ハイパーカーとして開発が進められています。

メルセデス AMG ONE_015
メルセデス AMG ONE 市販型プロトタイプ

捉えたプロトタイプは、これまでで最もカモフラージュが軽く、流れるようなボディスタイル、モータースポーツにインスパイアされた要素を組み合わされていることがわかります。

フロントにはラジエターが見える大きなエアインテーク、フードにはエアスクープを装備しています。ルーフには空気をエンジンバックに送るスクープ、リアエンドにはアクティブリアウィング、巨大ディフューザー、その上にはセンターの大きな排気口と下部に小さな2つの排気口という、変わったレイアウトが見られます。

またリアクォーターウィンドウからは、はじめて鮮明にエンジンを確認することができました。

メルセデス AMG ONE_012
メルセデス AMG ONE 市販型プロトタイプ

激写したキャビン内では、プロトタイプ同様にF1スタイルの長方形ステアリングホイール、そのすぐ後ろには10インチディスプレイ、センタースタックにはドライバーに面した別のディスプレイが見てとれるほか、露出したカーボンファイバーが多数見られます。

市販型パワートレインは、1.6リットルV型6気筒ターボチャージャーエンジンに4つの電気モーターが組み合わされ、最高出力は1,200hpとも噂されています。また最高速度は350km/h、0-200km/h加速6秒のハイパフォーマンスを発揮します。

市販価格は270万USドル(約3億円)、限定275台はすでに完売していると伝えられており、2021年内にデリバリーが開始される予定です。

APOLLO

『Scoop』の最新記事
BMW M2_004
いよいよニュルで最終仕上げへ! BMWの高性能2ドア・新型「M2」をキャッチ
ポルシェ 911サファリ_007
新型911のリフトアップモデルはハイブリッドモデルで登場か!?
クスドライズ_009
まるでミニブガッティ!? レバノン初のEVスポーツが約330万円で登場

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事