遊びも仕事もこれ1台で完璧な簡易キャンパー。「NV350 CARAVAN ES MOBILITY CONCEPT」【バーチャルオートサロン2021】

■「ワーケーション」に最適な空間作りと最新技術が融合

日産NV350キャラバンをベースに仕立てられた「NV350 CARAVAN ES MOBILITY CONCEPT」は、今回の「NISSAN CUSTOMIZE 2021」のコンセプトカーの中でもすぐにでも市販化できそうな仕上がりになっています。同コンセプトカーは、トランスポーターのスペシャリスト・OGUshow(オグショー)とのコラボにより製作されました。

NV350 CARAVAN ES MOBILITY CONCEPT
右側のベッドマットは、3分割の脱着式。左側も跳ね上げることができる

コロナ禍で注目されている「ワーケーション」などの使い方を想定したそうで、リモートワークはもちろん、車中泊を伴うキャンプや釣り、サーフィン、登山など、ニーズに応じて多様な使い方ができそう。キャビン、ラゲッジの架装部は、キャンピングカー業界でも人気の簡易キャンパーとして、今すぐ同コンプリートカーを発売してもかなり人気が出そうです。もちろん、日産のコンセプトカーにふさわしい最新技術が搭載されています。

NV350 CARAVAN ES MOBILITY CONCEPT
天井にはロッドホルダーなどを設置できる

スマホがリモコンキーになり、ドアのロック/アンロックが可能な「NFC型キーシステム」を採用。さらに、運転席のサンバイザーが電動化された「電子シェード付サンバイザー」は、スイッチ操作で「透過」「遮光」「ミラー」の3モードに切り替えができます。同装備は、サンバイザーの上げ下げが不要になる便利な機能。車内を演出するアイテムとして「ブラックイルミカーペット」も用意されています。

専用のUVライトでフロアカーペットを照らすことで、「CARAVAN」の文字が浮かび上がります。車中泊にも対応するラゲッジスペースは、片側跳ね上げ式のベッドキットが備わり、右側のベッドマットは、3分割式で、荷物の積載などに対応します。

NV350 CARAVAN ES MOBILITY CONCEPT
インバーターやバッテリーを積む

オグショー自慢の「ESフリップベッド MOBILITY CONCEPT」は、車内での休憩時や仕事の際に圧迫感を減らし、快適性を重視。ベッドマットに座った状態でも過ごしやすいようにベッドマットの高さを「ESフリップベッド」よりも6cm低く設計されたそう。また、左ベッドマットを跳ね上げた状態でもセカンドシートがリクライニングできます。生地は冬は冷たくなく、夏は蒸れないように、耐久性に優れたモケット生地(汚れにくいPVCレザーも対応可)が使われています。ベッドマットは、2人での就寝に対応する広さが確保されています。

NV350 CARAVAN ES MOBILITY CONCEPT
リモートワークにも対応するセカンドシート

さらに、ESシートカバーやESオリジナルクッション、ESフロアマット、ESステッププロテクターなどが搭載されています。また、後部のガラスにも「電子シェード」が備わります。「透過」「遮光」モードに切り替えることができますので、カーテンを開けたり閉めたりしなくても簡単にプライバシー空間を確保可能。

ほかにも、DC/ACインバーターも備わり、車内でパソコンや家電などが使えるほか、リヤドアサブウーファー、サーフェススピーカー、UV除菌済みグローブボックスなどが用意されます。こうした簡易キャンパーといえるモデルのニーズは年々高まっているので、市販化に期待したいものです。

(文/写真 塚田勝弘)

『東京オートサロン2021』の最新記事
待望のネオバAD08R後継チラ見せに期待度MAX!  新作を先行披露、まさにYOKOHAMA夜明け前【東京オートサロン2021】
迫力のAdventureルックなのに中身はHYBRIDというRAV4のステルス仕様【東京オートサロン2021】
現行86に1JZをスワップ、執念の公認取得で完全リーガル仕様を作り上げた偉人伝【東京オートサロン2021】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事