【HONDA N-ONE】ホンダアクセスの純正アクセサリー装着車「N-ONE RS用ヘリテージ ホンダ コーディネート」はオジサンキラーなだけでない20〜30代企画担当者のアイデアも搭載!

■若い企画担当者が提案したガーニッシュやデカールなどが醸し出す“懐かしさ”

2020年11月19日に、新型ホンダN-ONEが発売されました。その新型が、先代と外板パネルもウインドウまわりも同じという超が付くほどのキープコンセプトなのは、ユーザーから高くそのスタイリングが支持されているだからだそうです。フルモデルチェンジにあたってユーザーから「あえて変えないで欲しい」という声が集まるというのは、数ある国産車でもレアなケースかもしれません。

ホンダアクセス N-ONE RS ヘリテージ ホンダ コーディネート
新型N-ONE RS用のホンダアクセス純正アクセサリー装着車。写真は、“ヘリテージ ホンダ コーディネート”

こうした声は、「アイコン」としてそのフォルム(デザイン)が多くのユーザーから認められている証拠。こうしたカタチやデザインがひと目でアレだ!! と分かるのは、世界を見渡してもMINIやフィアット500、生産を終えてしまったフォルクスワーゲン・ザ・ビートル(ビートル)など少数派。N-ONEも代を重ねても「アイコン」として、ホンダには育てていって欲しいと思っているファンも多くいるはずです。

ホンダアクセス N-ONE RS ヘリテージ ホンダ コーディネート
「RS」の純正アクセサリーのテーマは、 “ヘリテージ ホンダ コーディネート”

N-ONEは、内外装のデザインにこだわりがある層から多くの支持を集めています。ノーマルのまま乗るのももちろん良いですが、こだわり派が多いということは、隣に並んだN-ONEとはひと味違う個性を求める人もたくさんいそうです。そこでオススメなのが、ホンダアクセスによる純正アクセサリーの装着で、純正ならではの安全、安心感はもちろん、購入時にローンを組む場合は車両価格と1本化されるなどの利点があります。

さて、今回ピックアップするのは、新型N-ONEの中でも最もスポーティな「RS」向けの純正アクセサリー装着車。

ホンダアクセス N-ONE RS ヘリテージ ホンダ コーディネート
フロントグリルは、スポーティなカーボン柄になる。「N」のロゴもさり気なく配されている

「RS」には、 “ヘリテージ ホンダ コーディネート”として、ベース車をさらにスポーティな内・外装に仕立てるアイテムをはじめ、専用開発されたサスペンションなど、走りをよりスポーティに引き締めるアイテムが用意されています。まず、エクステリアで目を惹くのは、フロントロアーガーニッシュ、フューエルリッドガーニッシュ、ピンストライプのデカールなどで、「DOHC」や「TURBO」、「TURBO」を反転させた「デカール ボディーセット」もその個性を最大限引き出しています。

ホンダアクセス N-ONE RS ヘリテージ ホンダ コーディネート
シルバーの「デカールボディーセット」が懐かしいボーイズレーサー風に仕立てている

アラフィフの筆者には、若い頃に流行ったボーイズレーサー風のコーディネートに映りましたし、担当者の方によると、SNSなどで「懐かしい」などの声がやはりあったそうです。可愛らしいデザインのコンパクトなクルマと言えば、若い女性ユーザーがメインにも思えますが、こうした層もターゲットに含んでいそうです。

けれどもこの車両は、懐かしがるオジさんだけを狙ったコーディネートではないのがポイント。昔懐かしいクルマやテイストに興味がある若い人も決して少なくなく、こうしたボーイズレーサーを思い起こさせる「デカール ボディーセット」の「TURBO」を反転させたロゴなども含めて、ホンダアクセスの20〜30代の企画担当の方々が提案した、というから驚きです。そして先述のように、この「RS」向け“ヘリテージ ホンダ コーディネート”は、走りのアップデートも可能です。

■RS専用開発サスペンションで意のままに操る感覚

ホンダアクセス N-ONE RS ヘリテージ ホンダ コーディネート
「RS」専用に開発されたサスペンション

2021年1月上旬に発売されたサスペンションは、RS専用に開発された渾身作。同サスペンションを装着すると、見た目では6MT車が約10mm、CVT車が約15mmのローダウン(車高がノーマルよりも低くなる)になります。この5mmの差は、車両重量による差だそうです。

サスペンションセッティングの狙いは、街中での快適性を損なうことなく、足まわりを引き締めること。ワインディングなどでのライントレース性を高めるなど、「誰でもストレスフリーで走破できる」ことが追求されています。

ホンダアクセス N-ONE RS ヘリテージ ホンダ コーディネート
コーナーでは、ロールが抑えられたフラットライドを味わえる

実際にそのRS専用サスペンション装着車両のステアリングを握ると、そのハンドリングは切れ味がより増していて、多様なコーナーが連続する狭い山道でも意のままに操れる感覚が濃厚になっていることが感じられます。試乗時は、大型ダンプなども通る狭い山道も走りましたが、コーナー姿勢が安定していて、数センチ単位でのライントレース性ができるように感じられました。同時にストローク感もあり、コンフォート性能を確保しながら、路面に吸い付くような足まわりの動きを味わえます。

ホンダアクセス N-ONE RS ヘリテージ ホンダ コーディネート
この「Y」字スポークの「MG-021」のブラックスパッタリング仕上げのほか、「MS-023」のネオサテンフィニッシュのアルミホイールなども選択できる

まさに、走行シーンを問わず安心感にも直結していて、試乗では自動車専用道路の横風が強い区間も往復しましたが、外乱に対する安定感や直進安定性の高さはこのサスペンションの成せる技かもしれません。走りのパーツではほかにも、通常の生産ラインから別工程で作られる「ディスクローター ドリルドタイプ」は、放熱性や摩擦粉の除去に効果を発揮し、スポーティな走りにも対応。同時にブレーキング時にピーキーさはなく、非常に扱いやすいのも印象的です。

●内装もスポーティ! 6MTにはゼッタイ欲しいアルミ製シフトノブ

ホンダアクセス N-ONE RS ヘリテージ ホンダ コーディネート
ホンダアクセスのN-ONE RS用ヘリテージ ホンダ コーディネートのインパネ

インテリアでも、スポーティさを演出しているのが、大きな特徴。

ホンダアクセス N-ONE RS ヘリテージ ホンダ コーディネート
6MT向けのアルミ製シフトノブ

操作性の向上にも寄与する「スポーツペダル」、入念な高さ調整がされたという6MT車のアルミ製「シフトノブ」も設定されています。上々といえる走りや操作フィールを手に入れるには、サスペンション、スポーツペダル、シフトノブ(6MTの場合)はぜひ装着したいアイテム。なお、6MTのシフトノブは、握り心地も心地良く、ベース車がもつ剛性感のあるシフトフィールと相まってスポーツカーのような感触が伝わってくるのが美点。

ホンダアクセス N-ONE RS ヘリテージ ホンダ コーディネート
アルミのスポーツペダルのほか、足元を照らすフットライト(LEDホワイト)を設定する

ほかにも、最近人気になっているナビゲーションの大型化(8インチ)にも対応しています。大画面による視認性、操作性の高さは、一度味わってしまうと小さい画面には戻りにくいほど。音質面では、ハイグレードスピーカーシステム(6スピーカーセット)も控えていますから、ツィーターアタッチメントとセットで付ければ、より高音質なサウンドも楽しめます。

ホンダアクセス N-ONE RS ヘリテージ ホンダ コーディネート
毎日、街中でも快適に乗れる走りも美点

さらに、使い勝手を高めるウォッシャブルラゲッジボックスやラゲッジトレイなどの収納類のほか、運転席用アームレストなども設定され、より快適な座り心地に寄与してくれます。「ラーメンのトッピング」のように各純正アクセサリーパーツが念入りに企画されたそうで、好みや予算に応じてセレクトでき、味わえるのが最大の魅力です。

N-ONEがもつデザインの良さをスポーティに引き締め、走りもより楽しめるRS用のヘリテージ ホンダ コーディネートを検討してみてはいかがでしょうか。

(文:塚田 勝弘/写真:前田 惠介)

Sponsored by Honda Access