VWが最小EV「ID.1」を計画中!? 200万円以下に期待

■デビューは2025年、次世代「MEB-entry」プラットフォーム採用

VWは、今後数年間に新型EVリリースに向けて準備しているようですが、その中の一つにエントリーモデルとなる「ID.1」が含まれていることがわかりました。

シュコダ シティゴ_001
シュコダ シティゴ

現在、電動モデル「ID.3」と「ID.4」により、世界中で人気を集めている2つのセグメントである、コンパクトハッチバックとコンパクトSUVをカバーしています。電動モデルの強化はさらに進化を見せることになりそうです。

シュコダ シティゴ_004
シュコダ シティゴ

ID.1は「MEB-entry」と呼ばれるフォルクスワーゲンのMEBプラットフォームの小型バージョンに乗ると噂されており、将来「up!」に置き換えられる可能性もありそうです。

up!と置き換えられるということは、兄弟モデルのシュコダ「シティゴ」バージョンも予想、同モデル後継モデルとして登場することが有力です。

実際、シュコダの新CEOトーマス・シェファー氏は「AutoExress」誌のインタビューにて、「我々は間違いなくそれに追随します。プラットフォームがあれば、生産するにあたり、非常に合理的です」と断言しており、実現が濃厚といえそうです。

ID.1のワールドプレミアは2025年、価格は200万円程度と予想されます。さらにVWは、ID.1と同じアーキテクチャを採用する小さなクロスオーバーSUV「ID.2」の開発も現在進められている可能性があり、こちらは一足先の2023年にデビューが期待され、価格は240万円からと想定されています。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?