こっちはヤリスクロスが受賞!検索が証明した強烈な人気!【Yahoo!検索大賞2020(クルマ部門)】

■カー・オブ・ザ・イヤーにも劣らぬ栄誉!

Yahoo!検索大賞でヤリスクロスが部門賞
トヨタ・ヤリス クロス

毎年、ネットの検索数で急上昇したヒトやモノを表彰しているYahoo!検索大賞。年の瀬の話題を集めるこの賞で、トヨタのヤリス クロスがクルマ部門賞に選ばれました。

Yahoo!検索大賞でヤリスクロスが部門賞
トヨタ・ヤリス クロス

ヤリス クロスは、コロナ禍により中止されたジュネーブショーに代わって、オンライン上で4月にワールドプレミア。ベースとなったヤリスより一回り大きなボディサイズと、クロスオーバー風のスタイリングを身にまとい、たちまち注目を集める1台となりました。見た目に恥じない本格的な4WDシステムと、燃費に優れる経済性も、支持を集める理由になったと思われます。

Yahoo!検索大賞でヤリスクロスが部門賞
トヨタ・ヤリス クロスのインパネ周り

今回のYahoo!検索大賞の受賞は、まさにその人気を裏付けるもの。Yahoo! JAPANでは検索が急上昇した理由として、8月31日の発売以来たった1ヶ月で3万9000台(月販目標の9倍超!)もの予約を集めたことを上げています。「ヤリス クロス」と一緒に検索されたキーワードとしては、「価格」「発売日」「燃費」「サイズ」」「モデリスタ」「後部座席」などが多かったようです。そうそう、CMで流れたサカナクションの新曲も話題になりましたね。

Yahoo!検索大賞でヤリスクロスが部門賞
トヨタ・ヤリスの3兄弟

折しも自動車業界は日本カー・オブ・ザ・イヤーの話題で賑やかです。あちらではスバルのレヴォーグが大賞に輝きましたが、検索数の急上昇でトップに立ったヤリス クロスも、負けず劣らず素晴らしいクルマということができるでしょう。ちなみにYahoo!検索大賞2020では、俳優の佐藤健さんが大賞と俳優部門賞のダブル受賞を成し遂げ、「今年の顔」となりました。

(文:角田伸幸)

【関連記事】

・Yahoo!検索大賞2016クルマ部門は「エスティマ」、大賞は「DEAN FUJIOKA」に決定!
https://clicccar.com/2016/12/07/424207/

・【「Yahoo!検索大賞2017」発表会】クルマ部門は「ハリアー」、小説部門は「夫のちんぽが入らない」、作家部門は「カズオ・イシグロ」
https://clicccar.com/2017/12/06/537650/

・【Yahoo!検索大賞2018】クルマ部門はジムニー! 今年、検索エンジンを賑わせたヒト・モノ・コト。
https://clicccar.com/2018/12/06/663853/

『トヨタ・ヤリスクロス』の最新記事
ヤリスクロスに「アドベンチャー」グレード登場! 気になる国内モデルとの違いは?
ブリヂストン トランザ
ブリヂストン「TURANZA T005A」がトヨタ・ヤリス クロスの燃費と走行性能を支える
ヤリスクロス大井貴之試乗
トヨタ・ヤリスクロス良いなぁ~!ヤリスとの違いは?買うならドレ!?大井貴之ならガソリンAWDを選ぶワケは?

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事