ダイハツ・タントにメッキ加飾が際立つ迫力あるスタイルセレクションを追加【新車】

■ミラ イースにオートライトを標準装備

2020年12月1日、ダイハツは軽スーパーハイトワゴンのタント、WLTCモード燃費25.0km/Lを誇るミラ イースを一部改良し、同日発売しました。

ピラーインドア「ミラクルオープンドア」や運転席の超ロングスライドなどが特徴のタントでは、タントカスタム(福祉車両含む)に、迫力のあるメッキ加飾が施されたフロントフェイスが特徴の新グレード“スタイルセレクション”が設定されています。

ダイハツ タント
一部改良を受けたダイハツ・タント

“スタイルセレクション”には、ほかにもサイドガーニッシュ(メッキ)、専用15インチアルミホイール(RSのみ)などが備わります。

ノーマル仕様である「タント(福祉車両含む)」には、「アイスグリーン×シャイニングホワイトパール」「ホワイト×ブルーミングピンクメタリック」「ホワイト×ファイアークォーツレッドメタリック」「ホワイト×レーザーブルークリスタルシャイン」の2トーンカラーが4色追加され、ボディカラーのバリエーションが増えています。

また、先進の予防安全装備である「スマートアシスト(スマアシ)」に、夜間歩行者検知機能や路側逸脱警報機能などが追加されています。これにより、2020年6月に発売されたタフトと同様に最新のスマアシが用意されたことになります。

ダイハツ・タント
ダイハツ・タントのキャビン

タントのフレンドシップシリーズ(福祉車両)には、全3モデルに「X“スペシャル”」「カスタムRS“スタイルセレクション”」が追加されています。ウェルカムターンシートには「カスタムRS」が追加され、ウェルカムターンシート、ウェルカムシートリフトの「カスタムRS」のタイヤが15インチアルミホイールに変更(スローパーは14インチ)。

さらに、スローパーにスロープ用操作ラベルを追加がされ、スローパー、ウェルカムターンシートにオートステップ用フロアハーネスが標準装備されています。

ダイハツ ミライース
ミライースのエクステリア

ミライースには、全車にオートライトが標準装備され、夜間の視認性、被視認性が高められるなど、安全性の向上が盛り込まれています。

価格はタントカスタムが172万1500円〜200万2000円。タントが124万3000円〜176万5500円です。タント スローパーは、143万5000円〜199万5000円。タントウェルカムシートリフトは、168万円〜214万5000円。タントウェルカムターンシートは、152万5000円〜199万円です。

(塚田 勝弘)

『ダイハツ』の最新記事
ダイハツ・ムーヴキャンバス
ダイハツ・ムーヴキャンバスにアクセントカラーが配された4タイプの特別仕様車を設定【新車】
ダイハツ・ハイゼット
はたらくクルマの代表格。60周年を迎えたダイハツ・ハイゼットシリーズを振り返る
ダイハツ・トール
登場から約4年。ダイハツ・トールがビッグマイナーチェンジ【新車】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事