市販型は「i3」で決まり!? BMW 3シリーズがついにEV化!

■0-100km/h加速6.8秒、最高速度は180km/h超えのEVパフォーマンス

「i4」や「iNEXT」に注目が集まっているBMWですが、現在主力「3シリーズ」のフルエレクトリックバージョンを開発しており、その市販型の最新プロトタイプをカメラが捉えました。

BMW i3_004
BMW i3 開発車両

ドイツ・ミュンヘン郊外の、同社テスト施設に戻る途中に目撃されたプロトタイプは、フロントドアに「Electric Test Vehicle」(電気テスト車両)のステッカーが貼られ、バンパーコーナに垂直のエアインテーク、完全に密閉されたキドニーグリルを装着していることが確認できます。

ヘッドライトはプレースホルダー(ダミーパーツ)と思われ、この数年後に登場する3シリーズ改良型をベースとしたデザインが予想されます。

BMW i3_011
BMW i3 開発車両

市販型では、大型バッテリーパックを搭載するために中国市場に投入されているLWB(ロングホイールベース)バージョンがベースとなります。

パワートレインは、「i4」ではなく「iX3」と共有する可能性が高いこともわかりました。その場合、最高出力286ps・最大トルク400Nmを発揮する80kWhのリチウムイオンバッテリーが期待できます。

iX3では0-100km/h加速6.8秒、最高速度180km/hのパフォーマンスを発揮、1回のフル充電による航続は460kmですが、3シリーズEVはより軽量で優れた空気力学を持っており、これらの数値以上を発揮する可能性が高いと思われます。

3シリーズEVのデビューは、最速で2020年内あるいは2021年前半と予想され、市販型の車名は、同社が2013年に発売、残念ながら期待された販売を達成できなかったコンパクトシティカー、「i3」が有力候補筆頭と噂されています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
スバル BRZカブリオレ
新型BRZ、オープンモデル発売か!? これがエクステリアだ
ホンダ シビック_001
ホンダ シビック、新型には四輪駆動は設定なし!? 気になるタイプRの行方は…
ポルシェ マカン_005
ポルシェ マカンが3度目の大幅改良へ。ココが変わる!
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事