横浜ゴムの「BluEarth-GT AE51」をトヨタ・ヤリスクロスのOEタイヤとして納入開始

■燃費も操縦安定性も兼ね備えたグランドツーリングタイヤ

BセグメントSUVの新型モデルが相次いで登場しています。以前お伝えしたように、プジョーからSUV 2008/e-2008が登場し、日本でも2020年9月16日に発売を開始しました。トヨタ・ヤリスクロス、日産キックス、マツダCX-3、ホンダ・ヴェゼル、アウディQ2、フォルクスワーゲン・Tクロスなど数多くの選択肢があります。

横浜ゴム BluEarth-GT AE51
ヨコハマタイヤの「BluEarth-GT AE51」がヤリスクロスのOEタイヤに

その中でも断トツの販売力を備えるトヨタ・ヤリスクロスは、ハイブリッドがWLTCモードで30.8km/Lというクラストップレベルの燃費も魅力となっています。

トヨタ ヤリスクロス
トヨタ・ヤリスクロスのエクステリア

2020年9月16日、横浜ゴムはトヨタ・ヤリスクロスの新車装着(OE)用タイヤとして、「BluEarth-GT AE51(ブルーアース・ジーティー・エーイーゴーイチ)」の納入を開始したと発表しました。

装着サイズは、205/65R16 95H。低燃費性能はもちろん、高い操縦安定性を兼ね備えた「BluEarth-GT AE51」は、グランドツーリングタイヤという位置づけ。レーンチェンジのふらつきを抑制し、快適な乗り心地を確保。また、全サイズでウェットグリップ性能「a」を獲得するなど、雨天時の不安を減らします。

「BluEarth」は、「環境性能のさらなる向上+人に、社会にやさしい」をテーマに掲げた同社のグローバルタイヤブランドで、同社の基盤設計や材料技術が採用され、走りはもちろん、高い快適性、環境性能などを備えています。

横浜ゴムは、先進タイヤ技術「BluEarth」テクノロジーを投入したタイヤの開発を積極的に推進していて、専用開発となる新型レヴォーグ向けなど、「BluEarth」シリーズは、最新のセダンやSUV、スポーティカー、コンパクトカーなどに幅広く新車装着されています。

トヨタ・ヤリスクロスは街乗りはもちろん、高速道路をメインとしたロングドライブや、レジャーやキャンプなどの相棒としても活躍するはずで、その走りを「BluEarth-GT AE51」が支えます。

(塚田勝弘)

『ヨコハマタイヤ』の最新記事
ヨコハマタイヤ アイズガード6
冬に備えたタイヤ選びはスタッドレス?オールシーズン? ヨコハマ アイスガード 6 & ブルーアース4S AW21を雪上試乗
横浜ゴム アイスガード
横浜ゴムがスタッドレスのベーシックモデル「iceGUARD iG52c」をヨコハマクラブネットワーク限定で販売開始
Test drive E-Class
ヨコハマタイヤの「ADVAN Sport V107」が新型「メルセデスAMG GLA」のOEタイヤとして納入を開始
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事