出会い頭事故回避へ!進化した「新世代アイサイト」とは?【SUBARU新型レヴォーグ試乗記】

■ステレオカメラとソフトウェアの進化で360度センシングの実現

新型レヴォーグには、高度運転支援システムの「アイサイトX」が用意され、先行予約でも同装備搭載車は好調な受注を集めているそうです。

SUBARU レヴォーグ
対歩行者の衝突被害軽減ブレーキ作動の様子

「アイサイトX」のベースともいえるアイサイトも新世代に移行し、広角化されたステレオカメラ、前側方レーダー、後側方レーダー、リヤソナーなどにより360度センシングを実現。

SUBARU初採用になるのが、作動条件(自車速度)が1km/h〜約20km/hとなる対向車への衝突被害軽減ブレーキ。これは、自車右折時で、交差点での衝突事故を回避するもの。さらに、自車右左折時には対向歩行者にも約10〜20km/hで緊急ブレーキが作動します。

見通しの悪い交差点などでの自転車の飛び出し(自転車の横断)にも対応し、自車速度約20〜60km/hで作動。交差点などの見通しの悪い場所での対向車、歩行者、自転車との出会い頭の事故などを減らすことができそう。

SUBARU レヴォーグ
前側方プリクラッシュブレーキ・前側方警戒アシスト

今回、クローズドコースでは、前側方警戒アシスト+対歩行者プリクラッシュブレーキの同乗体験もありました。壁で見えない左から接近する車両にいち早く対応し、状況によりアラートもしくは、衝突被害軽減ブレーキが作動します。また、右折時に歩行者のダミーを検知し、衝突被害軽減ブレーキが作動するのも体感しました。

新型レヴォーグには、初めて電動ブレーキブースターが搭載されています。これは、タイムラグなくブレーキが作動する電動ブレーキブースターを衝突被害軽減ブレーキのために採用されたそうです。実際に対向車、対歩行者共に検知後間をおかず、緊急ブレーキが高い減速Gを伴って作動するのが印象的でした。

SUBARU レヴォーグ
高速域プリクラッシュ(80km/h以下)の様子

そのほか、デモンストレーションで高速域プリクラッシュ(80km/h)も披露される予定でしたが、にわか雨のためSUBARU社内の規定に則り途中で中止に。高速域でも回避アシストの「プリクラッシュステアリングアシスト」が作動することがデモ走行で行われました。これは、障害物に対してブレーキ制御と操舵制御が行われる機能です。

SUBARU レヴォーグ
衝突回避ができない場合には、プリクラッシュステアリングアシストが作動する

新世代アイサイトは、広角化されたステレオカメラとソフトウェアの性能向上により、先行車への追従性が高まり(以前よりも先行車を早く発見したり、見失うのを遅らせたりできるそう)、車線逸脱抑制時の制御もより自然になっています。

また、エマージェンシーブレーキアシストは、約60〜120km/hで作動し、警告に加えて、ステアリング操作をアシストします。

(文/塚田勝弘 写真/SUBARU、塚田勝弘)

『SUBARU・レヴォーグ』の最新記事
New Levorg GT-H
実感した新型レヴォーグのワゴンらしかぬマッスルボディの秘密【新型レヴォーグプロトタイプ試乗】
SUBARU レヴォーグ
アイサイトXの魅力はもちろん、操縦安定性と静粛性、乗り心地を確実引き上げた走り【SUBARU新型レヴォーグ試乗記】
新型レヴォーグ 前面プリクラッシュブレーキ
進化するアイサイト、スバルは2030年死亡事故死者数ゼロに向かい着々と進む 【スバル・レヴォーグプロトタイプ試乗】
レヴォーグSTI走り
「スポーツ+」でも想像以上の乗り心地!しなやかでしっかりした走りを実感 【スバル・レヴォーグプロトタイプ試乗】
エマージェンシー
新型レヴォーグ最大の注目ドコロ・アイサイトXを清水和夫が試してみた「加減速も絶妙!」【SYE_X】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事