軽自動車で最後の2ストロークは鈴木自動車が「昭和53年排ガス規制」をクリア。しかしその後は4ストへ【スズキ100年史・第17回・第4章 その3】

1973(昭和48)年に始まった本格的な排ガス規制に対応するため、多くのメーカーがエンジンを2ストロークから4ストロークへ切り替えたのに対して、鈴木自動車は最後まで2ストロークエンジンで対応を進めました。

2ストロークエンジンの課題であるCOとHCを低減するため、独自の排ガス低減技術を開発しましたが、最も厳しい規制値レベルの「昭和53年排ガス規制」については、一部の機種ではどうしても適合できませんでした。

これを機に、鈴木自動車も2ストロークエンジンからの撤退を決断したのでした。

第4章 排ガス規制と2ストロークエンジンの危機

その3.最後まで2ストロークにこだわった鈴木自動車

●排ガス規制と規格変更

日本では米国のマスキー法にならい、1973(昭和48)年から本格的な排ガス規制が始まり、その後段階的に強化され、1978(昭和53)年には当時世界で最も厳しいと言われた「昭和53年排ガス規制」が施行されました。

排ガス規制値を参考に下記します。「昭和50年規制」以降はNOx(窒素酸化物)のみの強化ですが、NOxとCO(一酸化炭素)/ HC(炭化水素)はトレードオフの関係にあるので、NOxを低減するためにはHCとCOも下げる必要があります。

・昭和48年規制値(10モード):CO(18.4g/km)、HC(2.94g/km)、NOx(2.18g/km)
・昭和50年規制値(10モード):CO(2.10g/km)、HC(0.25g/km)、NOx(1.20g/km)
・昭和51年規制値(10モード):CO(2.10g/km)、HC(0.25g/km)、NOx(0.60g/km)
・昭和53年規制値(10モード):CO(2.10g/km)、HC(0.25g/km)、NOx(0.25g/km)

排ガス規制の強化は、360ccの小さな排気量エンジンで500kg前後の車体を動かす軽自動車にとっては、特に高い壁となって立ちはだかりました。

この厳しい状況の救済策として、1976(昭和51)年に軽自動車の規格が変更されました。
排気量の上限が360ccから550ccに拡大され、同時に車体サイズについても全高2mは変わらず、全長が3mから3.2m、全幅は1.3mから1.4mへと拡大されたのです。

軽自動車の規格変遷
軽自動車の規格変遷

●「昭和50年排ガス規制」への対応

鈴木自動車は、2ストロークエンジンで大量に発生するCOとHCの低減に総力を上げて取り組み、「昭和50年排ガス規制」については、1976(昭和51)年発売のフロンテ7-Sでクリアしました。

トビラ画像
360ccから443ccへの増量にとどめた新規格フロンテ7-S 昭和50年排気ガス規制適合車

フロンテ7-S(4代目フロンテ)は、軽自動車の規格変更に対応して全幅を100mm、全長を195mm拡大、同時にエンジンの排気量を356ccから443ccに増大しました。

排ガス規制については、エアポンプで2次空気を供給して排ガス中のCOとHCを燃焼除去する「2次空気供給システム」と、酸化触媒を2段配置する「スズキTC(Twin Catalyst)」を組み合わせて対応しました。TCは、排気マニホールド内とマフラー内の2ヶ所に酸化触媒を配置し、浄化能力を高める手法です。

スズキTCシステム概念図
スズキTCシステム概念図

●「昭和53年排ガス規制」への挑戦と2ストロークからの撤退

フロンテ7-Sは、1977(昭和52)年には当時2ストロークでは対応不可能と思われていた「昭和53年排ガス規制」をクリアしました。

フロンテ7S(昭和53年規制適合)
フロンテ7S(昭和53年規制適合)

排ガス低減は、「昭和50年排ガス規制」の対応技術「TC」をベースに、以下の3つの改良を加えた「TC-53」システムで達成しました。
「53」とは、「昭和53年」から用いられています。

・触媒温度上昇のために、排気マニホールド長さの短縮
・触媒の耐熱性向上と容量の増大
・燃焼改善のために、点火コイル容量(エネルギー)の増大

これで2ストロークに自信を深めた鈴木自動車は、続いて同年に排気量を539ccに拡大したエンジンを搭載した新型フロンテ7-Sとセルボを発売しました。

スズキTC53搭載T4Aエンジン
TC-53に進化したT4Aエンジン
スズキTC-53システム図
スズキTC-53システム図

しかし、残念ながら2ストロークエンジンによるがんばりもここまででした。
2ストロークエンジンでは、たとえ適合できたとしても、排ガス低減技術による燃費悪化や出力低下を招き、実用性に支障をきたしたからです。その後も、車種によっては2ストロークエンジン搭載車が存続しましたが、1987(昭和62)年まで販売された2代目ジムニー(SJ型)を最後に、国産四輪車から2ストロークエンジンは消え去ったのでした。

2代目ジムニー(1981)
2代目ジムニー(1981-1998)

(文:Mr.ソラン 写真:スズキ、モーターファン・アーカイブ)

第18回に続く。


【関連記事】

第4章 排ガス規制と2ストロークエンジンの危機

その1.軽自動車の勢いを失速させた排ガス規制とオイルショック【第15回・2020年8月15日公開】
その2.排ガス規制と2ストロークエンジン【第16回・2020年8月16日公開】

『スズキ』の最新記事
スイフトスポーツ
スズキ・スイフトに9インチ市販カーナビを装着できるカーナビゲーション用カーAVインストレーションセットが登場
カプチーノ復活の前兆!? 突如イタリアに出現した2シーター・オープンスポーツ「スズキ・ミサノ」とは?
スズキ
スズキがシェアトップを誇るインドで四輪車累計輸出200万台を達成

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事