ボルボの名車「P1800」がEVで復刻か? プロトタイプをスクープ

■P1800より広いフェンダー、最新のタイヤ、ホイールパッケージを装備

スウェーデンの港湾都市「ヨーテポリ」(地元の発音ではイェーテボリ)付近で謎のスポーツカーをカメラが捉えました。

ボルボ P1800_005
ボルボ/ポールスター P1800 EV プロトタイプ

かなり望遠で撮影していますが、その容姿はボルボ伝説のスポーツカー、「P1800」に酷似していることがわかります。

P1800は2+2クーペスタイルで1960年に誕生、その後改良を重ね1974年まで販売されており、1960年代にはロジャー・ムーア主演のTVシリーズ「サザン」によりその名を馳せました。

日本でも当時ボルボの輸入代理店であった「北欧自動車」が輸入、現在でも当時の正規輸入車が中古市場で流通しています。

ボルボ P1800_002
ボルボ/ポールスター P1800 EV プロトタイプ

捉えたプロトタイプは、P1800より広いフェンダー、最新のタイヤ、ホイールパッケージを備え、フロント下部も再設計されています。またエキゾーストシステムを持っていないことからEVモデルの可能性が高いとみられます。

カメラマンによると、P1800生誕60周年を祝うため、ボルボのパフォーマンスブランド「ポールスター」が手掛けるEVワンオフモデルの可能性があるようです。

ボルボ P1800_001
ボルボ/ポールスター P1800 EV プロトタイプ

その場合は「ポールスター1」や「ポールスター2」のEVテクノロジーが注入されることになるはずです。

最終的にはボルボとしてデビューするかポールスターとしてデビューするかは不明ですが、2020年から2021年にかけ、話題の1台とないそうです。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?