BMW 2シリーズ アクティブツアラー次期型、巨大湾曲ディスプレイを激写

■通気口は薄く設計、中央のアームレストの前には運転モードセレクタなど配置

BMWのコンパクト・ミニバン「2シリーズ アクティブツアラー」次期型の最新プロトタイプをスクープ、市販型コックピットの撮影に成功しました。

BMW 2シリーズ アクティブツアラー_013
BMW 2シリーズ アクティブツアラー 市販型プロトタイプ

以前にもコックピットを捉えていますが完成されたものではなく、これが最終デザインに近いと思われます。

キャビン内には2つの画面を組み合わせた大規模な湾曲ディスプレイが装備されています。一つはデジタルインストルメント・クラスタ、もう一つはインフォテインメントシステムで、HVACシステムを含む様々な機能を制御します。

BMW 2シリーズ アクティブツアラー_001
BMW 2シリーズ アクティブツアラー 市販型プロトタイプ

通気口は薄く設計され、中央のアームレストの前には運転モードセレクタ、パーキングセンサーなどが配置されています。ステアリングホイールはやや厚めのデザインとなっており、オプションのレザーが採用されます。

新型では「1シリーズ」でデビューした「FAAR」FWDプラットフォームを採用。剛性が高められるほか、プラットフォームの延長も濃厚で、居住空間も大幅に向上しそうです。3列シートを備えた「グランドツアラー」は廃止される可能性が高く、代わりにアクティブツアラーに3列シートがオプション設定されると予想されています。

パワートレインは、最高出力116psを発揮する1.5リットル直列3気筒ディーゼルエンジンをはじめ、最高出力140psを発揮する1.5リットル直列3気筒ガソリンターボエンジン、最高出力150psおよび190psを発揮する2.0リットル直列4気筒ディーゼルターボエンジンのほか、PHEVも予想されます。

BMW 2シリーズ アクティブツアラー_008
BMW 2シリーズ アクティブツアラー 市販型プロトタイプ

ベースモデルのトランスミッションは6速MTですが、トップグレードは、ゲトラグ製8速DCTと組み合わされます。

駆動方式は標準で前輪駆動が設定されますが四輪駆動も濃厚です。また、最高出力300psを発揮する「Mパフォーマンス」の設定も噂されています。

2シリーズ アクティブツアラー新型のデビューは、2020年内と予想されています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
Oshan X5_008
もはや恒例行事!? 中国メーカーの模倣、今度はマセラティ風マスクで車名は「X5」!?
BMW 2er クーペ_006
次期型でも後輪駆動のレイアウト。BMW 2シリーズ クーペは「究極のドライビングマシン」
ブガッティ シロン_004
EVスーパーカーメーカー「リマック」、ブガッティを買収との噂!
トヨタGR スーパースポーツ_002
トヨタGRスーパースポーツ市販型、スペック流出か!? 10月デビューで1400馬力の噂
BMW M3ツーリング_005
米国市場投入を申請! BMW「M3ツーリング」、市販型プロトを鮮明に撮影
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事