スカイラインやフェアレディZだけじゃない、スバル360の出目金も日野コンテッサも日本の旧車が集合!【ダムサンデー@草木 Vol.5】

R32skyline_01

■国産旧車たちも草木ダムを目指す!

●日産をはじめとする国産旧車は幅広い年代が立ち寄った

ダムサンデー@草木には、輸入車に負けじと色とりどりな国産旧車たちも見受けられました。

イベントにおける国産旧車というとスカイラインやフェアレディZが花形ですが、これらはダムサンデーの会場では多数派ではありませんでした。今回は花形の日産車からスバル、三菱、スズキ、日野の各車を紹介しましょう。

dan_sunday06
ダムサンデー@草木の会場となる草木湖畔みかげ原展望地。

●旧車人気の花形、日産車たち

旧車イベントでは数多くの台数が集まるため「見飽きた」という声を聞くことが多い日産車ですが、それだけ人気が高い証拠でもあります。

まず紹介するのは、新型が出るかもしれないと話題のフェアレディZです。こちらは初代S30の後期モデルS31で、ボディが補強された分、エンジンチューンに適したモデルです。オーバーフェンダーを付けてローダウンした姿が迫力です。

fairlady_z
日産フェアレディZ。

続いてはスカイラインです。旧車の中では3代目のC10型が人気です。こちらも3代目のGC10で6気筒モデルです。GT-Rエンブレムが付いていますが、エンジンルームを見ることができませんでした。

C10_skyline
日産スカイライン。

スカイラインはこの日も数台が参加していました。こちらは6代目になるR30時代のRSです。DOHCエンジンが復活したのに4気筒だからとGT-Rを名乗れなかったエピソードが有名です。マイナーチェンジ後の通称「鉄仮面」です。

R30_skyline
日産スカイライン2000RS。

スカイラインにGT-Rが復活するのはさらに後の8代目になってからでした。R32型は世界的に人気が盛り上がり、今ではプレミア価格で流通しています。このR32GT-Rは3年落ちで買ったオーナーが今まで乗り続けてきた個体で、ボンネットとバンパーを塗っただけで驚きの新車時塗装のままだそうです。

R32skyline_01
日産スカイライン2ドアスポーツクーペGT-R。

こちらのR32GT-Rはリップスポイラーやアルミホイールを変更していますが、ボディはノーマルのようです。追加メーターが外からでも見えます。

R32skyline_02
日産スカイライン2ドアスポーツクーペGT-R。

日産二大巨頭の次はチェリーです。プリンス陣営が開発した小型FF車として1970年に発売された初代E10型で、こちらはオーバーフェンダーやツインキャブレターによりチューニングされたX-1・Rです。

なんと最近になって1オーナーだった女性から譲り受けたそうで、程度も極上です。

cherry_x1
日産チェリークーペ1200X-1・R。

日産車の最後は、シルビアの最終モデルとなったS15です。最近人気が急上昇しているS15ですが、こちらは非常に珍しいオープンモデルのバリエッタです。

S15_silvia
日産シルビア・バリエッタ。

●富士重工業時代のスバル車たち

続いてはスバルです。スバルといっても富士重工業時代のモデルが来場していましたが、今回はなんとスバル360を2台も見ることができました。1代目は「デメキン」と呼ばれる初期モデルです。

subaru360_01
スバル360。

2台目はスバル360でも最終モデルのヤングSです。ライトカバーやダブルバブル形状となったルーフが特徴です。ツインキャブモデルのヤングSSもありました。

subaru360_02
スバル360ヤングS。

スバル車では大きく時代が流れ、初代インプレッサWRXが来場していました。なんとこのWRXは初年度である1992年式で、まだSTiやタイプRAといったモデルが出る前の初期モデルです。

impreza_wrx
スバル・インプレッサWRX。

●三菱、スズキ、日野の名車たち

三菱車は1台だけの参加で寂しかったのですが、ラリーのイメージを強く残した初代ギャラン、コルト・ギャランが参加していました。こちらはカラーリングやタイヤなど、まさにラリーの場から飛び出してきたようなスタイルです。

colt_galant
三菱コルト・ギャラン。

スズキもカプチーノが1台だけ撮影できました。他にも何台か来ていたのですが、すぐに帰ってしまうクルマが多かったのです。こちらはバンパーやスポイラー、ロールバーなどでモディファイされています。

cappuccino
スズキ・カプチーノ。

そして最後は日野コンテッサです。今ではトラックやバスを生産している日野自動車ですが、過去には乗用車も生産していました。こちらのコンテッサ1300は最後の乗用車で、セダンとクーペがありました。

contessa_01
日野コンテッサ1300S。

リヤをよく見ると普通のセダンではなく、クーペのエンジンを載せたスポーティグレードの1300Sでした。コンテッサ1300はセダンとクーペでチューン度が違うため、クーペの高性能さとセダンの安価さを併せ持つグレードとして、この1300Sが設定されたのです。

contessa_02
日野コンテッサ1300Sのリヤスタイル。

(増田満)

『ミーティング』の最新記事
dam_sunday08
トヨタ・ホンダ・マツダの少数派でも名だたるモデル【ダムサンデー@草木 Vo.6】
alfa_julia01
ジュリアもジュニアもアバルトもイタリア車の名車たち【ダムサンデー@草木 Vol.4】
porsche911carrera_rs_01
草木湖に集まったシトロエン、シムカ、ルノー、ポルシェなどの名車たち【ダムサンデー@草木 Vol.3】
lotus_europe
ミニのこんなバリエーション知ってますか?主催クラブの特色を反映して英国車が勢揃い!【ダムサンデー@草木 Vol.2】
dino246gt_01
フェラーリ、ランボルギーニ、ロータス・エスプリ!フラッと立ち寄れるミーティングにスーパーカーが大集結!【ダムサンデー@草木 Vol.1】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事